欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
冬眠物件をほどく
先日編んでいたラベゲ期間中物件は糸始末も終わり、これからブロッキング。予想より時間がかかったけど、なんとか今年完成物件第1号になりそうです。

ラベゲ期間中にもう一つ編もうと思っていたのは、この糸です。

これをほどく。


2013年の秋に編み始めていた手袋なのですが、編んでいるうちに「これじゃない感」が増してきて、冬眠期間に突入していました。

一番ひっかかっていたのは、『手』の部分がガバガバすぎる感じがしたこと。もともとこのデザインが編んでみたくてこの糸を買ったのですが、もうちょっとだけ細い糸で編んだ方がいいのでは?と思いはじめたのです。最終的にこのデザイン自体は去年の1月に別な糸で編み上げて、満足。

冬眠に入ってからはこの糸でかわりに何を編むか考えていたのですが、今回『これだ!』と思うものを見つけたので、ほどくことにしました。

玉に巻きました


ちなみに糸はBlue Sky FibersのBaby Alpaca (Melange)です。

できればラベゲ参加物件にしたいので、とっとと編み始め。

Victorian Cozy編みかけ


ところで、去年は編んだ量を購入量が上回ってしまったし、今年は少なくとも5月ぐらいまでは買うのを自粛して在庫糸を編もうと思っていたのです(目安が5月なのは、3月のエジンバラのフェアに行けないかわりに、5月の別なフェアに行くことにしたから)。が、おぼろ豆腐並みのもろい根性の持ち主である私は、某SNSで見かけた写真で恋に落ち(大げさ)、さくっとウェア着分の糸を買ってしまいました。

Dragon


Midwinter YarnsのBlack & Blue。100%ウェールズ産のDKの糸。去年のWoolfestでお店の人が「またウェールズの糸を作るのよー」とおっしゃっていたけど、これだったんだなぁ。
この色はオンライン・ショップに1かせしか残っていなかったので、また入荷したら教えてもらえないかメールしたところ、「ちょうどこれから染めるのよ〜」というお返事が。結果、すごい勢いで到着しました。
あー、きれいな色だなぁ〜。手触りも私の好みですごく嬉しいです。

** 糸のダイエット **

今まで:4,646g増

(+) Black & Blue5かせ: 500g

トータル:5,146g増
いつのまにか2月
ブログに何も書かないでいるうちに、2月も半ば近くになってしまいました。
オリンピックが始まったので、今回もラベゲにぬる〜く個人参加。

ラベゲ参加(一応)


当地では開会式が午前中だったので、7時間半ぐらい遅れてCO。とはいえ、『後でほどける作り目』なので、何が始まったのか全然わかりませんが (^^;)。

というわけで、それなりに編み進んだ姿がこちら。

カウル編んでます


去年リスボンで買ったRetrosariaのMondimという糸で、カウルを編んでいます。

この糸はソックヤーンということになっているのですが、『ポルトガル・ウール100%』。それって、穴が開きやすいんじゃないかなあ? 何より色がかわいいので、ソックスにするのは勿体無い気がしていたのです。
糸の色合いに個性があるので、デザインはシンプルなものにしてみました。

このブログを放置していた6週間弱の間、何も編んでいなかったのかというとそうではなく、2、3持ち上がった神経すり減る事態へのうっぷんを晴らすかのように、編むだけは編んでいました。しかも同じデザインばかり (^^;)。

Argyle Beret編みかけ1

"Mini Argyle Beret"を、Woolcraftのソックヤーンの残りと、母の在庫だった(たぶんスウェーデン産の)白い糸で。

Argyle Beret編みかけ2


ナゼか勢いがついてしまったので、2つ目。こちらは去年編んだ"Gush"の残り糸と、Susan CrawfordのExcelanaの4plyで。

Argyle Beret編みかけ3


3つ目はVikingのソックヤーンの残りと、1つ目と同じ糸で。
しかしながら、私のストレス発散はもっぱら『編む』ことに向けられるので、編み終わっているけど糸始末とかの仕上げ作業にいっさい手がつけられていません (^^;)。完成はラベゲ物件の完成以降かな…。
大晦日
2週間ほど前から首都圏某所の実家に帰省中です。帰省のお供はこのソックス。

Suomi 100編みかけ


地元ニッター仲間での『1年に12足編むKAL』最後の一足です。
糸は夏の休暇にフィンランドで買った『独立100周年記念』の糸。この糸を買ってからは、このKALの最後のソックスはこの糸で編もうと決めていたのです。

Suomi 100 Socks


パターンは"Socks on a Plane"の構造に"Charade"をベースにした模様を組み込んでみました。

今回の帰省ではありがたいことに糸購買意欲が高くないのですが、それでもついフラフラと入ってしまったオカダヤで買っちゃいましたよ。

Serenella


内藤商事のセレネッラ。今年はKALのせいで例年よりソックスを編んだので、もうしばらくいいやという気がしないでもないのですが、糸は見つけた時に買わなくては。

さて、2017年も今日でおしまいです。6月のWoolfestや夏休み中の爆買いが響き、在庫量は去年よりちょっと多くなってしまいました…。

ともあれ、今年はこれを編み進めながら年を越したいと思います。

年末の編みかけ


** 糸のダイエット **

今まで:4,601g増

(-) ソックス使用分:55g

(+) Serenella2玉:100g

トータル:4,646g増
ソックスとカーディガン
前の投稿から1ヶ月近く経っちゃったなぁ。
あっという間に今年も終わり近くになり、帰省を前にして2つ完成させました。 まず、地元ニッター仲間でのKAL用のソックス。

Gush完成


デザインは"Gush。糸はフィンランドのPirkanmaan KotityoのKirjo-Pirkka。3年前に旅行した時に買ってきたものです。

履いてみた


"Gush"は基本的にはソリッドな糸用のパターンみたいだけど、これぐらいの色変化だったら十分模様が生かされる気がします。

もう一つ、なんとか駆け込みで完成したのがこちら。

Vinca


Svetlana Volkovaさんデザインの"Fleur Cardi"。
糸はIsle YarnsのDKです。

後ろから


このカーディガンは編み始め部分でもある肩のレース模様が素敵なのですが、意外と目立たなかったかも。コットン糸などで編んだ方が模様は目立つかもしれません。

肩


袖の編み始めにメリヤスはぎがあり、それになかなか着手しなかったために時間がかかりましたが、基本的にはスムーズに完成しました。パリで衝動買いしたボタンも使えたしね!

** 糸のダイエット **

今まで:5,065g増

(-) Gush使用分:58g
Fleur Cardi 使用分:406g

トータル:4,601g増
ショールとソックス完成
なかなか写真を撮れなくてアップできていなかったんだけど、2つ完成していました。
まずはショール。

前


前のエントリーを書いていた時、まさにブロッキングしていたものです。
デザインはFrancoise Danoyさんの"Tokerau Shawl"。2月にストックホルムで衝動買いしたBlack Trillium Fibre Studioの青いソックヤーンと、これに合わせて買ったFine Fish Yarnsの糸で。

後ろから


糸始末をする気になかなかならなかったこと(私にはよくあることだが)以外は、楽しく編めました (^^)。早速昨日から使っています。

次に出来上がったのは、地元ニッター仲間での『1年で靴下を12編もうKAL』のためのソックス。

Roundpole


糸はWoolcraftのSuperwash Sockで、デザインはHeli Heikkilaさんの"Roundpole Fence"だったのです。最初は。
問題はかかとにさしかかった時で、どうもインストラクションがわからない。そして新しいことにチャレンジする気力がない。そこでなるべく編み直しの少ない打開策として、かかとを"Socks on a Plane"のものに差し替えてみました。

Roundpole 2


そこからはスムーズで、はき心地も良いものができました。写真だとレースの模様がよくわからないのが残念。

スタートが遅れたのでミッションを遂行できるか一時は不安だったこのKALですが、このソックスが10足目。だんだん完了できるような気がしてきました。目下、11足目を編んでいるところ。

Gush編んでます


12足目はとてもシンプルなものを編もうと思っているので、これがある意味山場。まあまあ順調に進んでいます。

** 糸のダイエット **

今まで:5,276g増

(-) ショール使用分:152g
(-) ソックス使用分:59g

トータル:5,065g増
久々にミトンを編んでみる
またしても最近はソックスばかり編んでいる気がして、違うものが編みたくなってきました。
そういえばRのpattern searchも、ソックス以外はしばらくご無沙汰しているなぁ。という訳でしばらくぶりにR上をフラフラし、気になったフリー・パターンをいくつかダウンロードしたのですが、勢いがついて編み始めてしまいました。

編み始め


白い糸は、過去に何度も使っている母所有だった謎の糸(たぶんスウェーデンの糸だと思うのだけどね)。黒い方は、5年以上しまいこんでいたRowan Scottish Tweed 4ply。私はこの糸が大好きで、製造中止になった時は大変がっかりしたものでした。身近に扱っているお店がなかったこともあり、帰省時に青山の三つ葉屋さんで見つけた時に後先考えずに買ってしまったのでした。

親指


思ったよりスルスルと編み進んでいます。カフはちょっと長い気がしたので、デザインから1.5cmぐらい短い6cmに。
普段は親指を後回しにしがちなのだけど、今回は糸をどれぐらい使うのかチェックしたかったこともあり、さっさと編んでみました。

2つ目に着手


週末はこの後ずっと何かしら予定が入っているので、土曜と日曜にガッツリ編んで、ここまで成長しました。
KALその9
少し前になるのですが、地元ニッター仲間の『1年でソックスを12足編もうKAL』用のソックスの9足目が完成しました。

Green and Pink Socks


ピンクの方はまだらっぽい模様があるけど、緑はソリッドで寂しいので模様を投入。

模様


可もなく不可もない出来上がりですが、引き返し編みのつま先を編むという課題をクリアしたので、良しとします。
(そのつま先は、普段のJudy式の方が楽なので、今後やることは少ないかなぁ…)。

KALも残すところあと3足。無事に年内にクリアできるかなぁ?と思いつつ、10足目も編み進んでいます。

10足目に着手


糸はWoolcraftのSuperwash Sock Yarn。パターンは"Roundpole Fence"なのですが、かかとのところでインストラクションがよくわからなくなり、馴染みのある"Socks on a Plane"のかかとにスイッチしてしまいました。その後は順調に進んで、ただいま2つ目にとりかかったところです。

** 糸のダイエット **

今まで:5,337g増

(-) 緑とピンクのソックス使用分:61g

トータル:5,276g増
SEARCH