欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
仕上げ祭り Part 2
あれー、もっと早くに仕上げ祭りの続きを書こうと思ったのに、10日も経ってしまったー。

そんな訳で、前回掲載分の他に、今年の前半に編み上がっていながら糸始末等をしていなかったものも、一気に仕上げておりました。

Argyle Beret Navy

"Mini-Argyle Beret"をスウェーデン産と思われる白い糸と、WoolcraftのSuperwash Sockで。その後、グラデーション系のソックヤーンの残りを使い、さらに同じ帽子を2つ制作。

Argyle Beret Blue

Susan CrawfordのExcelana 4ply Wool(白)と、フィンランドのソックヤーンの残りで。

Argyle Beret Purple

こちらはスウェーデン産らしき白い糸と、Viking of Norwayのソックヤーンの残り。一つ手元に残して、残りはチャリティに出すなり人にあげるなりしようかなーと思いつつ、まだ行き先は決めていません。

もうひとつ仕上げたのは、ミトン。

魚ミトン(甲側)

Marit Trudvangさんデザインの"Fishbone Mittens"です。糸は毎度のスウェーデン産らしき糸と、Rowan Scottish Tweed 4plyの23番。

魚ミトン

編んでいる時はとっても楽しかった! けれど、糸始末の時に、黒い糸がこんなにやりにくいとは思いませんでした…。

ともあれ、仕上げ待ち物件を片付けたので、ついでに編みかけ物件も少し減らそうと思い、久々にソックスを編んでいます。

Zealanaの糸でソックス

1月にお出かけした時のお伴物件だったのだけど、その後放置されていたもの。糸はZealanaのCoziというソックヤーンで、ウールの他にアルパカとポッサムも入っています。暖かそうだし、今月末に久々にスウェーデンに出かけるので、それに間に合わせられるといいな。

** 糸のダイエット **

今まで:5,182g増

(-) Woolcraftの糸のMini-Argyle Beret使用分:51g
(-) フィンランドのソックヤーンでのMini-Argyle Beret使用分:52g
(-) VikingのソックヤーンでのMini-Argyle Beret使用分:49g
(-) 魚ミトン使用分:50g

トータル:4,980g増
仕上げ祭りPart 1
週末には、ようやくいろいろ仕上げました。まずストール。

模様

Mari Muinonenさんデザインの"Haruha Scarf"を、Cornelia Hamilton YarnsのHeaven's Hand Shamanというハンドスパンのシルクの糸で。

ピンクのストール

衝動買いした糸だったので、何を編むか決めるのに時間がかかりました。このデザインを編むのは3度目なので、スムーズに進むと思ったのだけど、思った以上に糸に結び目が出てきたり、いつも以上に糸が指にひっかかったり(手荒れしがちなのは事実なのだけど…)で難航し、けっこうな期間放置されてしまいました。
水通ししてブロッキングしたらパリッとした感じに出来上がり、色的にもテクスチャー的にも、これからの時期というよりは春から初夏のストールという感じですが、とにかく完成できてよかった!

フィンランドの手染め糸で編んだ帽子

この前編んでいた帽子も、すんなり完成です。Tiina Kuuさんデザインの"Lupaus"。ずいぶん前から編みたいと思っていたものなので、やっと実現できて嬉しいです。糸はフィンランドで買ったセコイアの染料で染められた手染め糸なのですが、どこかフワッとした手触りもあり、編むのが楽しい糸でした。

最後は、こちら。

Aamu

編むの自体はずいぶん前に終わっていたのに、糸始末をなかなかする気にならず、完成がここまで遅れておりました。とにかく、シーズンに間に合ってよかったー!

Aamuのヨーク部分

糸はメインがTJFrog WoolのShorelines & Strata 4plyという、Poll Dorset種とHebridean種をミックスさせたもの。とても弾力がある糸です。編み込み部分に使ったのは、濃い黄色と濃いピンク(または薄いワインレッド)がTukuwoolのfingering、白がNatural KnitsのRomney 4ply、そして薄い方のピンクがWhistlebareのCheviot Marsh 4plyです。

Aamuの裾
(全体像だと見づらいけど、裾の一番下も黄色いのだ。)


** 糸のダイエット **

今まで:5,644g増

(-) "Haruha Scarf" 使用分:50g
(-) "Lupaus" 使用分:62g
(-) "Aamu" 使用分:350g

トータル:5,182g増
道具たち
ありがたいことに、放置からレスキューしたストールも無事に編みあがったので、箸休め(?)的に帽子を編み始めました。

Lupaus編み始め

糸は4年前にフィンランドで買った手染めの糸です。

さて、1週間ちょっと前にツイッターで『#編み針みせて』というタグが登場し、私ものこのこと写真を載せたのだけど、せっかくだからここにまとめておくことにします。ツイッターで書きそこなったこともあったし。

まずはDPNと付け替え式の針とかぎ針。

針ケース

中を見る

長い方のケースは右の2つは80年代から持っているもので、右のは母のお下がり。私は昔、日本の長いDPNにストッパーをつけて『玉付き棒針』として使っていたこともあり、とにかくDPNが多い。一番左のから、日本サイズと欧州サイズの針が太さ順に入っています。大半が竹製と木製で、一番多いのはクロバーのかな? あと日本の糸メーカーの出していたもの、Brittany、北欧の会社のものなんかがあります。上の写真の両端のケースには小さいポケットがついているので、そこに3ミリ以上のかぎ針も入れてあります。

DPNと付け替え式針

黒いケースは、元々は父のペンケースだったもので、20センチぐらいの長さのDPN(2mmから3.25mm)と細いサイズのかぎ針を。この長さのDPNはKnitProのが多いのだけど、Addi、クロバー、北欧の会社のものもあります。紫のはKnitproのケースで、付け替え式の針を。付け替え式は便利だけど、本当は付け替えタイプじゃない針の方が好きなので、付け替え式はKnitProのもののみ。

セットの針とケーブル

KnitProのケーブルと、Dreamzの付け替え式のセットと、カスピアンのDPNのセット。カスピアンは色といい手触りといい大好きで(たぶんKnitPro/KnitPicksの針の中で、これが一番好き)、しかし欧州ではなかなか売っておらず、ある日セットが売られているのに気がついて思わず買ってしまったもの。Dreamzは出た当初は静観していたのだけど、やっぱり買えばよかった! と思って後日購入。しかし同じ木製なのに、Symphonie Woodよりこっちの方が好きなのはなぜなのだ?<自分

次は玉付き棒針と輪針。

玉付き棒針と輪針

輪針たち

玉付き棒針は、20年以上前にもらったフロリダのディズニー・ランドのカップに立てています。輪針は銀色のCDケース(これまたいただき物)に細いサイズのものを、もう一つのケースに4ミリ以上の物を収納。こちらは釣り道具の流用で、もともと別な釣り道具のケースを使っていたのだけど、ケースのサイズ(無駄に大きい)他に不満があり、つい最近ようやく良いものを見つけて買い換えたのでした。CDケースの方も使い心地に不満があるので、今後収納を変えるとしたらこれかな?

最後は小物たち。

小物たち

中の様子

MJBのフィルター・コーヒーの缶を買ったらオマケで付いてきた缶には、カウンター、とじ針、ケーブル・ニードル、はさみ、ストッパーなど。透明なピルケースは100均で買ったもので、マーカーを大まかな種類に分けて。手前の小銭入れはモバイル用で、その時使うカウンター、マーカーなどを入れています。

小物続き

使用頻度の低い小物は、こちら。小さいビニール袋に入っているのは『別糸』。そして目下の悩みは、この道具たち一式をまとめて入れるケースが欲しいなー、ということなのでした。
"Dusty Road"も完成
6月から編み始めたものの途中で息切れしていたウェア、気を取り直して編み始めたら意外にスルッと出来上がりました。

正面

Carol Fellerさんデザインの"Dusty Road"で、糸はWalkCollectionのLinea。

トップダウンのウェアなのですが、身頃は快調に進んだのです。が、袖の長さをどうしようか迷い始め、元々の7分袖からフルの長さに変えるるなら目数はどうするか考えているうちに失速。1本目の袖を編んでいる間にドツボにはまってしまったのでした。

袖

一時は追加の減らし目をしたのですが、放置期間の後に少し気力が戻ってきました。結局追加の減らし目はしないことにし、ちょっとほどいてやり直し。そのまま2本目の袖もサクサクと出来上がりました。

Dusty Road
(袖の写真を撮る時に、下に何か入れた方がいいと思ってブラウスの上に着せてみたら、全体としてもけっこう似合った)

これ、地元ニッター仲間の年内締切(一応)のKALの対象案件だったので(そのKALについては、こちら)、放置期間が伸びずに完成してよかった〜〜。

** 糸のダイエット **

今まで:5,852g増

(-) "Dusty Road"使用分:208g

トータル:5,644g増
"Red Freckles"完成
久々に完成物件報告。Romi Hillさんデザインの"Red Freckles"です。

Red Freckles

かなり前から作りたいと思っていたショール。糸はストライプとエジングに使ったのがDyeNinjaのPure Merino Fingeringで、まだら模様の方がEasyknitsのDivine。

後ろ
(後ろから見るとこんな感じ)

ぐるっと巻いてみた

当初はノロノロ進んでいたのだけど、エジングに入ったら楽しくて、そこからむしろペースアップした感じでした。今からの季節にピッタリな色合いだし、満足です。

土日は出張だったのですが、列車で移動だったので、往路の車内では放置物件だったストールを編んでいました。

出張のお供

実は去年の春に編み始めて、夏までに完成させようと思ったのに挫折していたもの。1年以上の時を経て、ふっとやる気になって手に取ってみました。さて、今度こそ編みあがるでしょうか?

** 糸のダイエット **

今まで:5,990g増

(-) "Red Freckles"使用分:138g

トータル:5,852g増
今はこんな感じ
前回のブログを書いた5日後に写真を1枚アップロードしてあったのだけど、結局記事を書くのは2週間以上経ってから…。
毎年この時期はけっこう忙しいのだけど、今年は例年以上かもしれず、おかげで編むのもペースダウン。

楽しくボーダー編み

月初めにはショールのボーダー・セクションに着手しました。もっと手こずるかと思ったけど、どんどん楽しくなっていきましたよ。

エジングが楽しい

これは終盤。『仕事から帰ってからチョコチョコ編んで寝る』という生活をしていたのだけど、一度混乱して2段すっ飛ばすという事態を招いたので、間違った部分まで戻って編み直すに際し、1パターンが終わる段にマーカーをつけました。これ、何でもっと早くにやってなかったんだろう?
ともあれ、楽しく編み終わって現在は糸始末&ブロッキング待ち。

その後はトップダウンのウェアを編み進んでいるのだけど…

Puroはゆっくりと前進中

この週末に1泊出張が決定。今、往復の列車内で編めるものがこれしかないので、出張用にペンディング。かわりに何を編もうか? ということで、2ヶ月ぐらい放置していたウェアに戻ることにしました。

勢いが大事

1本目の袖の半分ぐらいのところで、なんか息切れしてしまったのよね。
しばらく休んだのがよかったのか勢いよく前進して、現在は2本目の袖の半分ぐらいのところまで到達です。
また増えました
最近着手したもの。

Puroに着手


トップダウンのウェアです。
えー? また編みかけを増やしたの?! っていう感じですが、先日単発のknit nightに行った時に、編みかけの物はレースだったりケーブルだったりして、ほどよく単純なものがなかったからなのですよね。それに、今の時期は仕事のシフトの関係で普段のknit nightに全く行けないので、こういう臨時の会にでも顔を出さないと、地元ニッター友達と全然会えないので…。

そうして、ふだんなかなか行けないショップにも行ったら、案の定お買い物をしてしまいました。

Monte Bianco

イタリアのRial Filatiという会社のソックヤーンです。

** 糸のダイエット **

今まで:5,890g増

(+) Rial Filatiのソックヤーン:100g

トータル:5,990g増

…当分糸は買わないと言いつつ、なぜ買ってしまうのか…。
SEARCH