欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Penne完成、そして発作に屈する。
もう一週間以上前になるのですが、ソックスが完成しました。

Penne


デザインは"Penne"。しかしこの写真だと良さがわからないなぁ…。という訳で、不本意ながら着用画像を。

履かないと可愛さがわからない…


増やし目の方法をM1RとM1Lにしたのと、かかとの最後の2段の最初に掛け目を増やしていますが、他は編み図通り。足へのフィット感が気持良い1足が出来上がりました。

さて、どうも私はたまーに「人様のお役に立つ物(具体的にいうとチャリティ物件)を編まなくては!」という発作に襲われてしまうのですが、今年も2月末から3月はじめに、それがやってきました。しかし使える糸が無い。そうだ、買おう。

タイミング良く(?)某所にdestashされていた糸を捕獲。

Falcon軍団
Falconの糸

Motoravia
こちらはLister/Lee Targetという会社のMotoraviaという糸。

これもMotoravia

他の糸
ラベルの無い糸があるんだけど、Falconのっぽい。

昔の糸は1玉25gなので、これで500g。
さらに、これらの糸と組ませる糸が必要というエクスキューズで、ショップにDrops/Garn StudioのKarismaを買いに…。

Karisma軍団

Sundae

一緒にStylecraftのSundae DKという糸も買ってきました。これはSirdarのSimply Recycledの残りと組み合わせて、未熟児用ブランケットを編むのだー。

そんな訳で、いきなり増量させてしまいましたが、既に着々と編み始められているので、後悔はしないぞ。
(むしろ、買い足しが起きそうな気もします…)。

** 糸のダイエット **

今まで:4,546g増

(-) "Penne"使用分:53g

(+) Destashで入手した糸:500g
(+) Karisma軍団:300g
(+) Stylecraft Sundae DK:100g

トータル:5,393g増
新規開拓
週末に所用でストックホルムまで行ってきました。

Stockholm, Feb. 2017


気温はほぼずっと零度以下でしたが、お天気には恵まれました。
そんな中、土曜日に毛糸屋さんをハシゴ。お店はたいてい11時開店の上、土曜日は2時に閉まってしまう店が多いので、プランをたててガッと回ります。今回は普段チェックするお店の他にもう2軒初めて行ってみましたが、どちらも大当たりでした。

Stockholmでお買い物


今回のお買い物は、こんな感じ。左下からZealanaのRimuとCozi、Sheep Uy ColorsのMerino Soft、Black Trillium FibresのPebble Sock。

Zealanaの糸2種は、Garnverketという店で買いました。
品揃えはPlassardとFontyというフランスの会社の糸が中心ですが、Zealana社の糸もあることを確認済み。Rimuは最初から買うつもりだったのですが、Coziは発作的に購入。だって、Brushtail Possum Downが15%入ったソックヤーンって、暖かそうじゃないですか!

残り2種類の糸は、Litet Nystanというお店で(最寄り駅はMariatorget)。こちらも明るくて雰囲気の良いお店。Lana Grossaの糸が多かったですが、Geilsk、Kampesやオステルヨートランドの糸もあったし、ショップのオリジナル糸らしき物もありました。
いろいろ迷ったのですが、Merino Softは友達に作るものの為に、Pebble Sockも編みたいパターンの候補糸として購入。

最後に今回もNovita誌を買ってしまいました。スウェーデン語なんだけどね!

** 糸のダイエット **

今まで:4,177g増

(+) ストックホルムでお買い物:400g

トータル:4,577g
Jitterbugで"Glam Shells"完成
週末に仕上げ作業を行なった物たちの中で、最後にブロッキングが終わったのがこちらのショールです。

Lobster Shells


ColinetteのJitterbugで編んだ"Glam Shells"。

この糸は、Colinette廃業の知らせの後に衝動的に買ったものの一つ。Jitterbugって一応Fingeringとは言われているのですが、150gで366mという、ちょっと太めな糸なのです。別な色で"Umbel"を編んだ時、編みながら「この糸って、"Glam Shells"を編むのにピッタリなのでは?」と思ったのですよね。"Glam Shells"自体は2年前に全く違う色・テクスチャーの糸で編んでいて、編むのもすごく楽しかったし、よく使っているショールなのです。

ディテール


出来上がってみれば、イメージ通りなので大満足です。

** 糸のダイエット **

今まで:4,305g増

(-) Glam Shells使用分:128g

トータル:4,177g増
ソックスとチャリティ物件
地元でのKALに参加するか迷っていた間に、中断していたソックスを編み始めたのですが、その気になったら、スルッと完成しました。片方もう編めていたからとはいえ、やればできるじゃないか、ワタクシ!

やればできた


糸はSchoppe-WolleのAdmiral R Druckです。

その残った糸で、未熟児用帽子も編んで、前にJarboの糸で編んでおいた方と一緒に仕上げました。

NICU用グッズ


帽子と一緒に、これまたしばらく前からちびちびと編んでいた赤ちゃん用ブランケットも仕上げてしまいました。使用糸はSirdarのSimply Recycled DKで、針は5mm。
帽子もブランケットも、地元にある病院の新生児ICUに送る予定。Sirdarの糸はあと2玉弱残っているので、そのうち組ませる糸を買って、ブランケットをもう1枚編もうと思います。

送るといえば、結局去年も送り出しそこなったボランティア・ニット。今年こそはと思いつつ、今年もひとつ帽子を編んでみました。

ボランティア用


メインで使ったのは、実家から持ってきた使いかけの謎の赤い糸(ウールなのは確かなのだけど、ラベル等が一切残っていないので…)。糸の長さがわからないのでトップダウンで編み始め、様子を見ながらカネボウの黒い糸の残り、ノーブランドの紺の糸の残りでストライプに。最後はこれまたDropsのAlaskaの残り糸でリブ部分を編みました。なんとか形になってよかった!

** 糸のダイエット **

今まで:4,546g増

(-) ソックス使用分:71g
(-) 未熟児用帽子使用分:7g+8g=15g
(-) 赤ちゃん用ブランケット使用分:116g
(-) お子様帽使用分:39g

トータル:4,305g増
Willow Tweedで"Saroyan"
この週末は、完成一歩手前で足踏み状態の物たちのブロッキング作業にいそしんでいます。

Willow TweedでSaroyan


Louisa HardingのWillow Tweedで編んだ"Saroyan"。友達から買い受けた糸なので129gというハンパな量でしたが、"Saroyan"の編み図には両端の部分と真ん中の部分の比率が出ているので、それを参照して両端は8リピートずつ、真ん中は10リピートしています。

前のエントリーに書いたソックスは、その気になったらけっこうスルッと編み終わり、ただいまブロッキング中。そして、地元ニッターの『1年で12足編むKAL』に遅ればせながら参加することにしました。
もともとKALにはあまり参加しないのですが、4月まで仕事のシフトのせいでKnit Nightに全然顔を出せないし、せっかく声をかけてもらったし…。

ということで、第一弾に着手。

ソックスKALに参戦決意


3年ぐらい前にカウルを編んだ残りの糸が60gぐらいあるので、短いソックスを編んでみます。

** 糸のダイエット **

今まで:4,670g増

(-) Saroyan使用分:124g

トータル:4,546g増
やらかしています
常々、ブログはもっとマメに更新しようと思いつつ全く実行できていないのですが、今回は早めに…。

1月から地元のニッターのFacebookのグループで、『1年に12足ソックスを編もうKAL』が始まっています。私は参加するか未だに決心がつかないのだけど…(ソックヤーンはそれだけ編める量あるのだけど…)。今年1月1日以降にCOしたものという規定があるので、それより前から編んでいるソックスを片付けることにしました。

ソックス編んでます


これは12月の帰省時にモバイル用に編み始めたもので、乗り継ぎ空港や日本での長距離移動で編みまくり、実家でも編んで片方完成。もう片方も編み始めたものの、当地に戻ってから完全に放置されていたのです。
こういうタイプの糸には、シンプルな模様の方が合うと思うので、"Vanilla Latte Socks"風の模様で。

そして遂に糸欲しい病の発作に負けて、某所で放出されていた物を捕獲してしまいました。

ヴィンテージな糸


Annabel Fox社のAran。こういう色合いのマットなアラン糸を探していたので、即断。

Falconの糸

こちらはFalconのDKです。Annabel Fox同様、もう存在しない会社の糸なんだけど、こういう昔の糸を編むのが好きでねぇ…。おそらく自分の物ではなくボランティア・ニット系の何かを編むと思いますが、『古い糸を編む楽しみ』を堪能したいと思います。

そんな感じで、『伝統的なタイプの糸』が大好きな私。気になる会社があったので、サンプルカードを送ってもらいました。

サンプルカード


何を編もうか考え中です(要するに買う気になった)。

** 糸のダイエット **

今まで:4,320g増

(+) Annabel FoxのAran: 100g
(+) Falcon DK5玉:250g

トータル:4,670g増
帽子完成
この時期の当地ではよくあることではありますが、ずっと天候がイマイチで撮れなかった写真をようやく撮ることができました。

間に合いました


私の趣味の一つはラグビー(TV)観戦なので、2月4日のラグビーのSix Nations開幕に滑り込みで間に合った帽子。ふとした出来心で「ラグビー応援用帽子のパターンなんてあるのかな?」と思って探してみたら、あった! いかにもアイルランドな緑の糸もあるし、これは編むしかないでしょう(もう15年ぐらい応援しているんですよ…)。

パターンはそのものズバリな"Ireland Rugby Hat"。糸はTivoliのNew Killowen(緑)とCushendaleのDK(白)、そしてCornish OrganicのDK(青)。

もう一つ編んでいた帽子・"Bundoran"も完成しました。

Bundoran


糸はホビーラ・ホビーレのアンゴラ・ツイード。偶然帽子のてっぺんにツイードのネップの部分が来てしまい、期せずしてちょっととんがった感じになってしまいましたが、まあいいや。

後ろ姿


そして元々編んでいたレースヤーンのショールに戻るかと思いきや、相変わらず気が散っています。だってこのパターン、するっと編めるのがわかっているんだもの。

Jitterbugでショールもう一つ


さて、私はいつになったらレースヤーンに戻るのでしょうか?

** 糸のダイエット **

今まで:4,432g増

(-) ラグビーな帽子使用分:46g
(-) Bundoran使用分:66g

トータル:4,320g増
SEARCH