欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
冬眠からレスキュー
先週末は編みかけ放置組から1つレスキューしたものを編み上げ、水通ししていました。週の間に完成し、ようやく写真も撮影。

ライラックなRusted Root

ヘルシンキにあるショップ・MenitaのCotton Dreamという糸で、去年の秋口にそこそこ快調に編んでいたのですが、時期的に仕事が忙しくなったのと、このウェアを着られるような気候ではなくなったせいで、冬眠に入っていたのです。
残り具合はどうなんだっけ? と思ってチェックしてみたら、袖片方(しかも段数としては10段もない)と糸始末だけだったので、ちゃちゃっと終了。

模様と袖


デザインはSarah Mooreさんの"Rusted Root"。以前、指定糸のBrown Sheep Cotton Fleeceで編んでいるのですが、その着心地から、ちょっとだけ細い糸でもう一度編みたいと思っていたのです。今年の夏は活躍してくれるかな?

前回のエントリーに新規物件の写真を載せてしまったけど、その前から編んでいるレースヤーンの物件が放置された訳ではなく、現在はこんな感じ。

半分を越えました

半分を越えてちょっとしたぐらいのところ。デザインはHiroko Fukatsuさんの"Hasukai Cowl"です。

** 糸のダイエット **

今まで:3,958g増

(-) "Rusted Root"使用分:228g

トータル:3,730g増
"Banana Leaf Shawl"完成
旅行に出る前に編む方は終わっていたショール、完成しました。

Banana Leaf Shawl

植田悠紀さんデザインの"Banana Leaf Shawl"です。
針を指定より1つ下の3.5mmにしたこともあり、リピートを1回増やしてみました。

これはニッター仲間の『5月末にあるヤーン・フェスティバルで身に付けるものを編もうKAL』参加物件。ベンダーであるDublin Dyeのレースヤーンで編みました。
(ところでDublin Dye、いつの間にかEtsy shopがなくなっている…。というわけで、他の連絡先をメモしておこう。Facebookはここ、 HPはこちらです)。

週末にはもみの木ヤーンの糸で編んでいたものを編み終わり、編みかけ放置軍団の中からレスキューした夏用のウェアも編み終えました。

そして手を出す新規物件。

アートセンターの糸を2本どりで…


糸は、これまた東京アートセンターで大昔(^^;)に衝動買いしたもの。2本どりで編んだらできるんじゃないか?というデザインを見つけたので、編み始めてみました。
いろいろ不安はあるけど、うまく形になってくれるといいなぁ…。

** 糸のダイエット **

今まで:4,018g増

(-) Banana Leaf Shawl使用分:60g

トータル:3,958g増
"Linga"完成
旅行に出ていた間に帽子をブロッキングしていたので、週末に写真を撮りました。

Linga


Gudrun Johnstonさんの"Linga"です。
これは有料パターンで、けっこう前に買ったのに今まで編んでいなかったのです。なぜだろう? 買っただけで満足しちゃったのか?…と思ったのですが、編み図を読み始めてなんとなく理解。これ、作り目に普通のLong tailとTwisted German Cast-onが混在しているのですよね。おそらく当時の私はそれに腰が引けたのではないかと思われます。今となっては、Twisted German Cast-onなんて楽勝なのだけどね。『継続は力なり』ということでしょうか?(おおげさ)

横から
横からの図は、ダミーの頭部が小さめなので帽子の可愛らしさが伝わらない…orz


さて、旅のお供にもみの木ヤーンの糸でラップ・カーディガン(ぽいもの)を編んでいましたが、基本的に複数同時進行タイプなので、こんなものも編んでいます。

現在の編み物件その2

2009年ぐらいに東京アートセンターで衝動買いした糸。またしてもレースヤーンを編むのか?! と自分に突っ込みたくなりますが、長期在庫化していた糸が形になってくれそうなので、ビミョーに浮かれて編んでおります。

** 糸のダイエット **

今まで:4,089g増

(-) Linga使用分:71g

トータル:4,018g増
旅でリフレッシュ
仕事が一段落したので、リフレッシュ旅行に行ってきました。こういう時はシティ・ブレイクは苦手で田舎でのんびりしたいので、お城の廃墟を見たり…

Kastelholm

Mariehamn

海辺を散歩したりしていました。

旅のお供

旅のお供。先日買ったもみの木ヤーンのソックヤーンを、早速編んでおります。

Svalanのレースヤーン

そして、やっぱり糸を見つけて買ってしまいましたよ。おかしいなぁ、民芸品や工芸品を売っているお店に入っただけのはずだったのに (^^;)。
Svalanというところのレースヤーン。シルク25%、ウール75%のようです。

** 糸のダイエット **

今まで:3,989g増

(+) Svalanのレースヤーン:100g

トータル:4,089g増
大判ひざ掛け完成
ここしばらくはせっせと"Banana Leaf Shawl"を編んでいて、目下ラストスパート中。

Banana Leaf Shawl終盤

というのも、明日からちょっと旅行に行くから(日程が日本のゴールデン・ウィークと重なったのは、たまたまですが)。旅のお供は他のものがあるし、できれば編み終わってスッキリした気分で出かけたい!! 金曜の夜の段階では無理かなーと思ったのですが、朝からせっせと編んで本当に終盤に入っているので、頑張りたいところです。

並行してポツポツと糸始末を終え、残りソックヤーンのドミノ編み大判ひざ掛けが完成しました。

ドミノ編み大判ひざ掛け
(ソファーの背にかけてみた。)

全貌は、こちら。

ドミノ編み大判ひざ掛け全貌

こうやってちょっと遠目に見ると、色がゴチャゴチャしている感じなんだけど、これは見た目より制作の過程と効用重視だから、これでいいのだ。

** 糸のダイエット **

今まで:4,635g増

(-) ドミノ編み大判ひざ掛け使用分:646g

トータル:3,989g増
ショール成長中
"Banana Leaf Shawl"、順調に成長中です。

成長中

編み方が簡単に覚えられたことと、1段129目のまま(=増えない)なのが大きいです。
唯一の難関は、糸と針の相性。AddiのLaceとKnitproの付け替え式輪針のシンフォニー・ウッドでしっくりこず、ChiaoGooの輪針を買ってきたのですが、数段編むと疲れてしまい…。Addi Laceは滑りが悪い感じでダメだったのですが、ChiaoGooは滑りすぎる感じでしょうかねぇ。結局Brittanyの木製針に落ち着いてしまいました。Brittanyの針はわりと好きなのですが、長い方のDPNを持っていてよかったー!

"Banana Leaf Shawl"は締切のあるKAL参加物件なのですが、次に編もうとしているものの糸も届いたので、ちゃっちゃか編み進めたいところ。

ソックヤーン届いた

その糸が、こちら。ベルリンにあるもみの木ヤーンのSock Fine 4plyです。
しばらく前から気になって眺めていたショップ。5月と6月にフェアに行くので、特にソックヤーン系は糸を買い控えているのですが、考えてみたらベンダーさんではないショップの糸を買い控える必要はない訳で…。編みたいものも決まっているので、売り切れてしまう前にサクッとお買い物です。

いただきもの

届いた包みを開けたら、サンプル糸も入っていました! German Merino。ソフトで弾力がある感じです。

** 糸のダイエット **

今まで:4,430g増

(+) Fine Sock 4ply2かせ:200g
(+) サンプル糸:5g

トータル:4,635g増
一区切りつけて、次はKAL
残り糸で編んでいた未熟児用毛布3枚、完成しました。

multi colour blanket

3枚とも再び"Giant Square Blanket"のやり方で。こちらはSirdarのHeart and Soleのほんのちょっと残った糸で作り目し、Gaiety Girlのソックヤーンのサンプル糸(黄色)、Lang Jawoll(オレンジと緑)、ピエロのカメレオンカメラ(ピンク)、Opal(生成り)のソリッドなソックヤーンを使いました。

Bamboo cotton blanket

こちらはWendyのHappyにKing ColeのBamboo Cottonを混ぜて。

sock yarn blanket

3枚目のこちらはSchoppel WolleとWest Yorkshire Spinnersのソックヤーンの残りに、ハマナカ・コロポックル(緑)とDrops/GarnstudioのFabel(青)を合わせてみました。

ちょっとだけ糸を使い切ったのでひとまず満足して、次の編み物件を…。

レースヤーンでKAL参加

5月に行くつもりのヤーン・フェスティバルに地元の友人も多々行く模様で、『フェスティバルに身につけて行くものを作ろうKAL』が始まっているのです。
KALの『縛り』は、「ワークショップの講師のデザイン、またはベンダーさんの糸で編む」こと。私はベンダーとして出るDublin DyeのAlpaca Laceで、前々から気になっていた"Banana Leaf Shawl"を編むことにしました。針は指定より1つ下げて3.5mmです。

** 糸のダイエット **

今まで:4,650g増

(-) 未熟児用毛布3枚使用分:220g

トータル:4,430g増
SEARCH