欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
編み散らかしは毎度のこと
赤ちゃん用毛布などと並行して、のんびり編んでいるものがあります。

ふちを編む

ドミノ編みの毛布、というよりは大判膝掛け。残りもののソックヤーンで数年前からちまちまと編んでいたものですが、とうとうピースが編み終わったので、ガーター編みで『縁』を作りはじめたのです。

ドミノ編み毛布の裏側


ピースを編んでいる間に糸始末の類を一切しなかったので、裏側はこんなことに…。糸始末にも時間がかかりそう。まあでも、ようやく終わりが見えてきたので、のんびり確実に前進することにしましょう。

そして、毎度のごとく編み散らかしが得意な私…。

Linga編んでます

編みかけの帽子の写真って、かわいく撮るのが難しい気がするのですが、私が下手なだけでしょうか?

模様をアップ

Gudrun Johnstonさんデザインの"Linga"を編んでいます。
これ、けっこう何年も前に「編みたい!」と思って編み図を購入していたのに、なぜか今まで編んでいなかったのです。ちょうどゲージ的に良さそうな糸が残っていたので、ようやく編み始めた次第。
編み図によると、作り目に普通の作り目とTwisted German Cast-onが併用されているので、おそらく編み図を買った当時の私はそれに恐れをなしてペンディングしていたのでしょう(今となっては、Twisted German Cast-onは楽勝なんだけど…)。
新生児用毛布に着手
年に何回か「人様のお役に立つものを編まなくては!」という発作のようなものに襲われます。結局は自己満足なんだけれどもねぇ。最近もひと発作やってきたので、地元の病院の新生児ICU用のブランケットを編むことに。

未熟児用毛布作成中


糸はStylecraftのSundae DKの残り。糸長的にどれぐらいのサイズのが編めるのかわからないので、中心から外へと編むタイプにすることにしました。

参考にしたのはLaura Petersさんの"Giant Square Scrap Blanket"。
これは Fingeringの糸用なのですが、私の使う糸はDKなので、それに合わせて針のサイズを4mmにアップ。それから普通の作り目よりも目立たないPinhole Cast Onで作り目しました。

週末前には、ふだんなかなか行けない店に行ってきました。

KarismaとFabel買い足し


Drops/GarnstudioのKarisma2玉とFabel4玉。どちらも使い道がハッキリ決まっていて、土曜日から早速投入されています。

** 糸のダイエット **

今まで:4,540g増

(+) 買い足した糸:300g

トータル:4,840g増
冬眠物件をほどく
先日編んでいたラベゲ期間中物件は糸始末も終わり、これからブロッキング。予想より時間がかかったけど、なんとか今年完成物件第1号になりそうです。

ラベゲ期間中にもう一つ編もうと思っていたのは、この糸です。

これをほどく。


2013年の秋に編み始めていた手袋なのですが、編んでいるうちに「これじゃない感」が増してきて、冬眠期間に突入していました。

一番ひっかかっていたのは、『手』の部分がガバガバすぎる感じがしたこと。もともとこのデザインが編んでみたくてこの糸を買ったのですが、もうちょっとだけ細い糸で編んだ方がいいのでは?と思いはじめたのです。最終的にこのデザイン自体は去年の1月に別な糸で編み上げて、満足。

冬眠に入ってからはこの糸でかわりに何を編むか考えていたのですが、今回『これだ!』と思うものを見つけたので、ほどくことにしました。

玉に巻きました


ちなみに糸はBlue Sky FibersのBaby Alpaca (Melange)です。

できればラベゲ参加物件にしたいので、とっとと編み始め。

Victorian Cozy編みかけ


ところで、去年は編んだ量を購入量が上回ってしまったし、今年は少なくとも5月ぐらいまでは買うのを自粛して在庫糸を編もうと思っていたのです(目安が5月なのは、3月のエジンバラのフェアに行けないかわりに、5月の別なフェアに行くことにしたから)。が、おぼろ豆腐並みのもろい根性の持ち主である私は、某SNSで見かけた写真で恋に落ち(大げさ)、さくっとウェア着分の糸を買ってしまいました。

Dragon


Midwinter YarnsのBlack & Blue。100%ウェールズ産のDKの糸。去年のWoolfestでお店の人が「またウェールズの糸を作るのよー」とおっしゃっていたけど、これだったんだなぁ。
この色はオンライン・ショップに1かせしか残っていなかったので、また入荷したら教えてもらえないかメールしたところ、「ちょうどこれから染めるのよ〜」というお返事が。結果、すごい勢いで到着しました。
あー、きれいな色だなぁ〜。手触りも私の好みですごく嬉しいです。

** 糸のダイエット **

今まで:4,646g増

(+) Black & Blue5かせ: 500g

トータル:5,146g増
いつのまにか2月
ブログに何も書かないでいるうちに、2月も半ば近くになってしまいました。
オリンピックが始まったので、今回もラベゲにぬる〜く個人参加。

ラベゲ参加(一応)


当地では開会式が午前中だったので、7時間半ぐらい遅れてCO。とはいえ、『後でほどける作り目』なので、何が始まったのか全然わかりませんが (^^;)。

というわけで、それなりに編み進んだ姿がこちら。

カウル編んでます


去年リスボンで買ったRetrosariaのMondimという糸で、カウルを編んでいます。

この糸はソックヤーンということになっているのですが、『ポルトガル・ウール100%』。それって、穴が開きやすいんじゃないかなあ? 何より色がかわいいので、ソックスにするのは勿体無い気がしていたのです。
糸の色合いに個性があるので、デザインはシンプルなものにしてみました。

このブログを放置していた6週間弱の間、何も編んでいなかったのかというとそうではなく、2、3持ち上がった神経すり減る事態へのうっぷんを晴らすかのように、編むだけは編んでいました。しかも同じデザインばかり (^^;)。

Argyle Beret編みかけ1

"Mini Argyle Beret"を、Woolcraftのソックヤーンの残りと、母の在庫だった(たぶんスウェーデン産の)白い糸で。

Argyle Beret編みかけ2


ナゼか勢いがついてしまったので、2つ目。こちらは去年編んだ"Gush"の残り糸と、Susan CrawfordのExcelanaの4plyで。

Argyle Beret編みかけ3


3つ目はVikingのソックヤーンの残りと、1つ目と同じ糸で。
しかしながら、私のストレス発散はもっぱら『編む』ことに向けられるので、編み終わっているけど糸始末とかの仕上げ作業にいっさい手がつけられていません (^^;)。完成はラベゲ物件の完成以降かな…。
久々にミトンを編んでみる
またしても最近はソックスばかり編んでいる気がして、違うものが編みたくなってきました。
そういえばRのpattern searchも、ソックス以外はしばらくご無沙汰しているなぁ。という訳でしばらくぶりにR上をフラフラし、気になったフリー・パターンをいくつかダウンロードしたのですが、勢いがついて編み始めてしまいました。

編み始め


白い糸は、過去に何度も使っている母所有だった謎の糸(たぶんスウェーデンの糸だと思うのだけどね)。黒い方は、5年以上しまいこんでいたRowan Scottish Tweed 4ply。私はこの糸が大好きで、製造中止になった時は大変がっかりしたものでした。身近に扱っているお店がなかったこともあり、帰省時に青山の三つ葉屋さんで見つけた時に後先考えずに買ってしまったのでした。

親指


思ったよりスルスルと編み進んでいます。カフはちょっと長い気がしたので、デザインから1.5cmぐらい短い6cmに。
普段は親指を後回しにしがちなのだけど、今回は糸をどれぐらい使うのかチェックしたかったこともあり、さっさと編んでみました。

2つ目に着手


週末はこの後ずっと何かしら予定が入っているので、土曜と日曜にガッツリ編んで、ここまで成長しました。
ちょっと脱線
この前Lotus模様のソックスが完成したので、続いて地元ニッター仲間でのKALのソックス8足目に着手。粛々と編んでいます。

Opal KFSでソックス


糸はOpalのKFSセレクション。

このKALのおかげで溜め込んでいたソックヤーンが順次編まれていくのはいいのですが、最近固め打ちでほぼソックスしか編んでいないような気分になってきました。実際には他の物も編んではいるのだけど、しばらく純毛100%糸からご無沙汰しているのは事実。

帽子を編み始め


という訳で、ちょっと脱線して帽子を編み始めました。

糸はワインレッドというより小豆色みたいなAnnabel FoxのAranと、Isle of AuskerryのAran。

Annabel Foxの糸はeBayで見つけ、この帽子用だとパッとひらめいて無事落札したもの。Isle of Auskerryの糸は組ませる糸として春に買ったもの。オークニー諸島産で、North Ronaldsay種の羊の糸なのだけど、素朴ながらザラザラしすぎない手触りが心地良いです。
ウェア終盤、そしてお買い物
先日から編んでいるウェア、順調に編み進んでいます。
身頃と袖の4つのパーツが全部編み上がったので、肩をはいで襟を編みはじめました。

襟を編んでいます


ゲージが編み図と全く同じなので変更なく編んでいたのですが、襟の80段っていうのは長すぎるんじゃないかな…。おそらく三つ折りにするのでそういう長さなのだろうけど、私は三つ折りにはしないので、段数は試着しながら適当に減らそう…。

このウェアが家から持ち出すのが難しい状態になったので、モバイル用のプロジェクトにも着手。

ストール編みはじめ

3年間一緒に仕事をするチャンスが多かった某駐在の方の任期終了が近づいたので、お別れプレゼント用にストールを編むのです。
糸はHedgehog Fibresのソックヤーン。これを編む為に先日買った糸です。

糸を買うといえば、オークニー諸島産の糸を見る機会があったので、ちょっとお買い物してしまいました。

Isle of Auskerry糸

Isle of AuskerryからのNorth Ronaldsay Wool。もともと白に近いナチュラル系のアランの糸を探そうと思っていたので、ちょうどいいと即決。

一期一会の糸

こちらはThe Little Orkney Dye Shedの手染めのNorth Ronaldsay Wool。100gのFingeringの糸なのですが、こういう糸は一期一会なので後先考えずに買いました!(をい)。

** 糸のダイエット **

今まで:5,146g増

(+) Orkneyの糸:200g

トータル:5,346g増
ウェア前進中
先週末は当地は連休。特に予定もなかったし、これ幸いと家にこもって編みまくっていました。

現在のメイン編み物件は、Gower Woolで編んでいるウェア。袖口と身頃の裾に編み込みがあるデザインです。後ろ身頃のメイン部分ができあがったので、編み込み部分にも手をつけてみました。

裾の編み込み


この作品、元デザインは「パピー発手編みの本。Vol. 6」の2番目の作品です(↓コレね)。

手編みの本6号より


前々から編みたいと思っていたのだけど、Gower Woolのゲージがピッタリだということに気がついたのですよね。裾の編み込みには手持ちの糸を使っていて、指定の色とはちょっと違うのだけど、本体の色も茶色からワインレッドというかガーネット色に変わっているので無問題。なかなかいい感じで、気に入っています。

そしてイースターの週末の『糸買いたい発作』でオーダーした糸の、最後のひとつが届きました。

Finefishの糸


Fine Fish Yarnsのソックヤーンで、色はShiny。

元々2色で編みたいデザインがあって、明るいブルー系のまだら糸を探していたのです。本命のショップがあったのだけど、そこは人気店でストックされたと思ったらあっという間に売り切れてしまい…。そこで以前友人が編んでいるのを見て、いいなーと思ったこのショップに行ってみたのでした。色合いは実物の方が写真よりさらにかわいい。あー、早く編みたいなー。

実は先方のミスで糸が届くまですごく時間がかかってしまったのですが、そうしたらお詫びにmini skeinをいただいてしまいましたよ。

mini skein


20gあるので、どう使おうかな。

** 糸のダイエット **

今まで:5,026g増

(+) Fine Fishのソックヤーン:100g
(+) mini skein:20g

トータル:5,146g増
イースターの週末は
この週末はイースター。特に予定もなく、家でのんびり……というか、ガシガシと編んでいます。

Floria製作中


月初めぐらいからショールに取り組んでいます。糸はヘルシンキで発作的に買ったKnitlob's Lairのソックヤーン・Vainamoinen(正確にはaとoにはウムラウトが付きます)。ショールにしようと思ったから2かせ買ったのだと思うのだけど、なんともう3年前…。毎度のことですが、衝動買いはマズイですね (^^;)。

デザインはEmily Rossさんの"Floria"です。

佳境


佳境に入っております。近日中の完成なるか?!

このショールの後は、プレゼント用のプロジェクト2つに着手したいところ。編む予定なのはストールと帽子です。
ストールの方は、どんな色が好きなのかなどの情報が足りず、御本人のふだんの服装から考えてHedgehog Fibresのソックヤーンを買いました。色はHurricane。

久々のHedgehog


帽子の方は、使おうと思った糸で少し編みはじめてみたのですが、どうもピンとこない。そんな時に覗いたショップで見つけたのがLouisa HardingのAmitola Grande。これはピッタリかも! 

Amitola Grande


さっそく買ってしまいました。
でも、糸って買い始めると勢いがついちゃって、実はあと3種類ぐらい通販しちゃっているのよねぇ… (^^;;)。

** 糸のダイエット **
今まで:4,456g増

(+) Hedgehog Fibres sock yarn:100g
(+) Amitola Grande:100g

トータル:4,656g増
気が散った
レースヤーンのショールって、きれいだけど進みは鈍いのですよね。そうなると、気が散り易い私。

Willow TweedでSaroyan


案の定、他の物に手を出していました。しかも複数。
まずこちらはLouisa HardingのWillow Tweedでの"Saroyan"。この糸は友達から衝動的に買い受けてしまい、その後何を編もうかかなり悩んだもの。ある日Ravelryをウロウロしていて、これを編んだらいいのではないか?! と閃き、そのまま早速編み始めてしまいました。編む方はもう終わっていて、あとは仕上げ待ち。

ラグビー応援帽子製作中


次に手をつけたのがこの帽子。今年のラグビーのSix Nationsが2月4日に開幕したのですが、それに間に合うように爆編み。

Bundoran製作中


勢い止まらず、そのまま手をつけたのがこちら。Carol Fellerさんデザインの"Bundoran"を、ホビーラ・ホビーレのアンゴラ・ツイードで。

こちらも編む方は終わったので、ぼちぼちレースヤーンのショールに戻らなくてはと思うものの、最近『糸買いたい病』が再発してきているので『スルッと編めるもの』を編み続けたい気もするし、なかなか難しいところです。
SEARCH