欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
夏季休暇
今年の夏季休暇はフィンランドに来ました。

休暇中の風景

ヘルシンキからスタートして、湖に囲まれた街・タンペレ、そしてラップランドにも少し行ってまたヘルシンキに戻ってきたところ。明日はいよいよ地元に帰るのですが、もっといたいなぁ…。

乗り継ぎ待ち中

移動は飛行機、夜行列車、長距離バスを駆使したので、編み物は乗り物の待ち時間にすることが多かったかな…。

さて、旅の間にも毛糸は買う。今回のお買い物は、こんな感じ。

今回の爆買

右からKatiaのSocks Bombay、TukuwoolのFingering、MenitaのCotton Dream(赤1つ、紫7つ)、TaitoのソックヤーンRaitalankaとRoosa Nauha。買ったお店はKatiaのがタンペレのMerletto、TukuwoolもタンペレのLankaputiikki Silmukka、Cotton DreamがヘルシンキのMenita、そしてTaitoの糸はそれぞれタンペレとヘルシンキのTaitoのお店で買いました。
(タンペレはHatanpaan valtatie 4、ヘルシンキはEtelaesplanadi 4)
青と白の糸はシンプルなシマシマになる糸なのですが、今年フィンランドは独立100周年。その記念の糸なので買わないわけにはいきません。

Taito shop Tampere

実はタンペレのTaitoのお店は、偶然見つけたのですよね。メインの通りから階段を降りたところにあるのだけど、お店の前の階段には手編みのフィンランド国旗模様のバンティングや…

お店の前の階段

お店の前の階段2

階段の手すりにも手編みでデコレーションされていたのでした。

今回他に編み物関係で見つけたのが、これ。

Needle holder

ロヴァニエミにある博物館・Arktikumのショップで偶然見つけたのですが、DPNのホルダーです。図柄はサーメの絵で、『狩猟の神様』らしいです。材質はたぶんトナカイの角じゃないかな。珍しいので即購入でした。

** 糸のダイエット **

今まで:5,017g増

(+) フィンランドで爆買:750g

トータル:5,767g増
Woolfestに行ってきた・後編
初めてEdinburgh Yarn Festivalに行った時もそうだったのですが、ベンダーさんのリストを見てどんな糸を探そうか決めて行っても、予想がはずれたりするのですよね。初参加ならなおさら。

結局初日の金曜日は各ショップのブースを見て回ったり、ベンダーさんとおしゃべりしただけで終わってしまいました(とはいえベンダーさんとのおしゃべりは楽しいし、情報が入ったりもするのです)。

Blacker Yarnのブース

私にとってはレアブリード・ヤーン界の大手・Blacker Yarns & The Natural Fibre Companyのブース。

Jamieson & Smithのブース

シェットランドのJamieson & Smithは糸だけでなく道具もいろいろと販売。

Midwinter Yarnのブース

北欧の糸をメインに扱うMidwinter Yarns
「今年はまたウェールズの糸を作るのよ」との情報をゲット。


スコットランドのUist Wool。もともとウェブをチェックしていたお店です。買いたい衝動に襲われつつ、今回は見るだけ。色がナチュラル・カラーだけなのが強みでもあり弱みでもあるかなあ…。

Castlemilk Moorit

Castlemilk Moorit Sheep Society。今回強烈に興味を持った羊なんだけど、糸は決定打に欠けて購入できず…。

Doulton Flock

羊を連れてきていたDoulton Flock。Border Leicesterの糸です。とても心惹かれたのだけど何を編めばいいのか思いつかず、今回は見送り。でも今後ウェブでチェックしようと思います。

Exmoorのスタンド

こちらも羊を連れてきていたExmoor Horn Wool(羊は一つ前のエントリーに載っている子です)。DKと4plyとあって、こちらは4plyの方なのだけど、DKの方が色の種類がありました。

金曜夜に宿で購入作戦を練り直し、仕切り直しの土曜日。しかしいきなり予定は変わってしまうのだ〜。
で、最終的にこうなった。

戦果


手前左がWhistlebareのYeavering Bell Aran。モヘア80% 、Wensleydale 20%の糸です。2年前のEdinburgh Yarn Festivalで初めて見てから、ずっと気になっていた糸。希望のパターンと一緒に販売しているということで、ついに手を出しました。

手前右はMidwinter Yarnsが扱っているフィンランドの糸・Tuku Wool(色はSyli)。
中央の紫、緑、赤の玉はExmoor Horn Woolの4ply。色(特に赤)と羊の可愛さにやられて4plyを衝動買い。 同じく中央部の黒っぽいのはHebrideanの4plyで、右上のグレーの糸3かせは、TJ FrogというショップのPoll Dorset & Hebrideanのミックスの4ply。

会場中に染めや紡ぎの道具が盛大に売られていて、染め系のものはなんとか踏みとどまったのですが、紡ぎ用の羊毛には手を出してしまいました。左上の鮮やかな黄色と青のがCat & SparrowというショップのWhitefaced Woodlandで、その隣の袋に入っているのはAdelaide Walkerで売っていたゴットランドとメリノのミックスです。

** 糸のダイエット **

今まで:4,825g増

(+) Woolfestで爆買い:650g
(羊毛は糸になってからカウントします)

トータル:5,475g増
Woolfestに行ってきた・前編
6月22日&23日にあったWoolfestに行ってきました。
会場は北西イングランドの湖水地方にあるCockermouthという町。列車の駅はありませんが、PenrithかCarlisleからバスがあります。会場のMitchell's Lakeland Livestock Centreは町はずれなのですが、町の中心から送迎バスも出ているとのこと。

今年は3月のEdinburgh Yarn Festivalに行けず、かわりに何か行きたいと思っていたのですよね。イギリスの羊毛関係の大きいフェスティバルとしては、春のウェールズでのWonderwoolもあるのですが、車に乗らない私にはWoolfestの方が行き易そうなので、こちらにしてみました。

今回私がベースにしたのはPenrith。Cockermouthまではバスで片道1時間半ぐらいかかるのですが、湖水地方の中心の一つであるKeswickも通るし、車窓からの景色が楽しめるかなーと思って。

車窓から
(車窓からの風景)


蓋を開けてみたら、このバスは会場から徒歩5分ほどの場所を通ることが判明。バスのCockermouthへの到着時間と、会場への送迎バスの出発時間がうまく合わず、送迎バス利用にすると45分ぐらいロスが出るので、これは助かりました。

入口が近づいてきた


巨大倉庫のような会場に入ると、ひゃーー、デカい!! そして知っていたけど、羊がいろいろいる!!

結論から言うと、編むだけの人にも十分楽しいけど、紡ぎと染めをする人にはさらに面白いと思います。

フリース
フリース売り場。洗ってもいない羊毛がゴロゴロと…。

羊についてのトーク
『イギリスの羊』についての1時間ほどのトークもありました。


会場にいた羊たち(ごく一部)

Hebridean sheep
Hebridean

Ryeland
Ryeland。初めて見たけどデカい! かわいい! 
濃い茶色の毛の子もいました。

Jacob
Jacob

Portland
これはPortland種だったかな?

Gotland
Gotland


Wensleydale

Exmoor
Exmoor Horn。この子もデカい!

Border Leicester
思わず美人さんね〜と言いたくなったBorder Leicester。


みんな、可愛いなぁ〜〜。他にもShetlandやNorth Ronaldsay、Manx Loaghtan、Castlemilk Moorit、アイスランドの羊、あと羊じゃないけどアルパカとアンゴラもいたなぁ〜。

私は他の糸も編むけど、基本的に羊毛の糸が大好きだし、メリノよりレア・ブリードの方が好きなので、「皆さんの毛を編ませてもらっているのねー」と、感慨深いものがありました。
糸が到着
イースターの週末に買った糸達が届きはじめています。

Isle Yarns


こちらは、Isle Yarnsの糸。ドーセット種の羊毛100%で、2月にシェードカードをもらってから、いろいろと考えていました。
最初はグレーの糸を買おうと思っていたのだけど、シェードカードを見たら気が変わってしまい…。ようやく何を編むか決められたので、5かせ注文。

Green Elephantの糸


Green Elephant Yarnのソックヤーン。色はGlacier。
青系のまだら系のソックヤーンが欲しい病を発症していて、ちょっと衝動買いしてしまいました。

編む方は、ショールは順調に編み終わり、ただいまブロッキング中。そして先日買ってきたAmitola Grandeで帽子を編みはじめています。

Hat for J


なかなかいい感じです (^^)。

** 糸のダイエット **

今まで:4,656g増

(+) Isle Yarnsの糸500g
(+) Green Elephantのソックヤーン100g

トータル:5,256g増
新規開拓
週末に所用でストックホルムまで行ってきました。

Stockholm, Feb. 2017


気温はほぼずっと零度以下でしたが、お天気には恵まれました。
そんな中、土曜日に毛糸屋さんをハシゴ。お店はたいてい11時開店の上、土曜日は2時に閉まってしまう店が多いので、プランをたててガッと回ります。今回は普段チェックするお店の他にもう2軒初めて行ってみましたが、どちらも大当たりでした。

Stockholmでお買い物


今回のお買い物は、こんな感じ。左下からZealanaのRimuとCozi、Sheep Uy ColorsのMerino Soft、Black Trillium FibresのPebble Sock。

Zealanaの糸2種は、Garnverketという店で買いました。
品揃えはPlassardとFontyというフランスの会社の糸が中心ですが、Zealana社の糸もあることを確認済み。Rimuは最初から買うつもりだったのですが、Coziは発作的に購入。だって、Brushtail Possum Downが15%入ったソックヤーンって、暖かそうじゃないですか!

残り2種類の糸は、Litet Nystanというお店で(最寄り駅はMariatorget)。こちらも明るくて雰囲気の良いお店。Lana Grossaの糸が多かったですが、Geilsk、Kampesやオステルヨートランドの糸もあったし、ショップのオリジナル糸らしき物もありました。
いろいろ迷ったのですが、Merino Softは友達に作るものの為に、Pebble Sockも編みたいパターンの候補糸として購入。

最後に今回もNovita誌を買ってしまいました。スウェーデン語なんだけどね!

** 糸のダイエット **

今まで:4,177g増

(+) ストックホルムでお買い物:400g

トータル:4,577g
やらかしています
常々、ブログはもっとマメに更新しようと思いつつ全く実行できていないのですが、今回は早めに…。

1月から地元のニッターのFacebookのグループで、『1年に12足ソックスを編もうKAL』が始まっています。私は参加するか未だに決心がつかないのだけど…(ソックヤーンはそれだけ編める量あるのだけど…)。今年1月1日以降にCOしたものという規定があるので、それより前から編んでいるソックスを片付けることにしました。

ソックス編んでます


これは12月の帰省時にモバイル用に編み始めたもので、乗り継ぎ空港や日本での長距離移動で編みまくり、実家でも編んで片方完成。もう片方も編み始めたものの、当地に戻ってから完全に放置されていたのです。
こういうタイプの糸には、シンプルな模様の方が合うと思うので、"Vanilla Latte Socks"風の模様で。

そして遂に糸欲しい病の発作に負けて、某所で放出されていた物を捕獲してしまいました。

ヴィンテージな糸


Annabel Fox社のAran。こういう色合いのマットなアラン糸を探していたので、即断。

Falconの糸

こちらはFalconのDKです。Annabel Fox同様、もう存在しない会社の糸なんだけど、こういう昔の糸を編むのが好きでねぇ…。おそらく自分の物ではなくボランティア・ニット系の何かを編むと思いますが、『古い糸を編む楽しみ』を堪能したいと思います。

そんな感じで、『伝統的なタイプの糸』が大好きな私。気になる会社があったので、サンプルカードを送ってもらいました。

サンプルカード


何を編もうか考え中です(要するに買う気になった)。

** 糸のダイエット **

今まで:4,320g増

(+) Annabel FoxのAran: 100g
(+) Falcon DK5玉:250g

トータル:4,670g増
2017年
12月後半から日本に帰省しているのですが、2016年はあっという間に終わってしまいました。

初詣
今年も初詣は新宿の花園神社で…。


2016年の年の瀬に編んでいたのは、これ。

年末はこれを編みつつ


編む方はなんとか年内に終わったのですが、仕上げが越年。

そして、年内最後のお買い物が、これでした。

2016年最後に買った糸


ホビーラ・ホビーレのアンゴラ・ツイード。色の可愛さにヤられました。帽子を編もうかと思い、50g x 2玉購入。

そんな訳で、2016年最後の糸の量は、2010年にカウントを始めてから4,394g増となりました。相変わらず在庫糸が多いなぁと自分で呆れますが、2014年1月が5,407g増、2015年1月が5,806g増、去年の1月は6,184g増と、ここ数年増加の一途をたどっていたので、少し減らせてほっとしています。今の在庫糸には、編む物の予定はあるのに手をつけていない物がいろいろとあるので、今年はそういう物を編む年にできるといいな。

とか言いながら、さらなるお買い物も行なわれています (^^;)。

買い初め

Opalの梅村マルティナ気仙沼FSアトリエとのコラボの糸。1年前の帰省の時から気になっていたのですが、今回はとうとう買ってしまいました。

** 糸のダイエット **

今まで:4,294g増

(+) アンゴラ・ツイード2玉:100g
(+) Opal KFSの糸:100g

トータル:4,494g増
悪癖全開
何ヶ月か前に買った、ちょっと『まだら系』なソックヤーン。

Ellie and Ada


元々は別なソリッドな糸と組み合わせてショールにするつもりだったのですが、予定していた物の編み図を眺めているうちに、『なんか違う感』に見舞われてきました。
逆にむくむくと湧いてきたのが、これを使ってウェアが編みたいという気持ち。編みたいデザインも見つけてしまったし、組ませる糸を探しに行きましょう。

MalabrigoのTiziano Red
久々に買ったよ、Malabrigo!


購入後すぐお店で玉に巻いてもらったので、かせの状態の写真は無し。
(ていうか、厳密に言えば家でくりくりとまきまきを設置して巻くのが面倒なので、お店ので巻かせてもらったというのが正解。)

ウェアといえば、家ではフード付きのセーターが終盤に差し掛かっているのですが、いつの間にかこんなものも…。

コットンのウェアが…


先日買ったDrops/GarnstudioのMuskatと、在庫糸のSunbeamを使った夏物ウェア。
Malabrigoとまだらなソックヤーンのウェアを編み始めてしまう前に、こっちを編んだ方がいいんじゃない?という心の声に従ってみたところ、ついうっかり調子に乗ってしまいました。

でも、今編み始めてよかったー!! だって、思ったより糸が必要で、濃い紫の糸はもう1玉必要だというのが判明したから。
(今日買ってきました)

それにしても、編み上がったものの仕上げをないがしろにして、ひたすら編み進む私。自覚していたけど、ストレス溜まってるんだなぁ… (^^;;)。

** 糸のダイエット **

今まで:5,917g増

(+) Malabrigo2かせ:200g
(+) Muskat追加:50g

トータル:6,167g増
スウェーデンに行ってきた。
4月の終わりに、一週間ほどスウェーデンに逃亡しておりました。
もっと早くブログを書くつもりだったんだけど、戻ってきたらそれなりに用事に追われ、なかなか書けなかったのよね…。

Kalmar城
Kalmar城。

今回は初めてKalmarにも行きました。この街はエーランド島の対岸にあり、Ullcentrumのショップがあるのですよね。

曜日の関係もあって、普段より毛糸屋さん巡りはできなかったのだけど、それでもこんなお買い物っぷりです。

お買い物


奥がUllcentrumのショップで買ったリネン糸、手前左はKalmarの別なお店で買ったソックヤーン。Cewecというデンマークの会社の糸です。

右側はHolst GarnのSupersoft 100% uld。ストックホルムのガムラスタンで、たまたま通った道にあったお店・Makeri 14で購入。
Holst Garnの糸、今まで売っているお店に入ったことがなかったので、すごく嬉しかったです。

糸と一緒に買ったのは、フィンランドのNovita社が出している雑誌のスウェーデン語版。ちょっとイイナと思うデザインが2つほどあったので、思い切って買ってしまいました。

その旅行中に編んでいたのは、こちらです。

BC Garnのモヘア糸で


BC Garnのモヘア糸で、大判のストール。レースヤーンなのが災いして、ようやく半分を越えたあたりです。

** 糸のダイエット **

今まで:5,602g増

(+) 旅行で買った糸達:511g

トータル:6,113g増
糸、到着
この前通販した糸が到着しました。

まず、Etsyで見つけたThe Knitting SwedeのSpartanという糸。

Knitting Swedeの糸

BFLのsuperwashで、1かせ400m。画像で見ると光沢があるような印象を受けるけど、そんなことはありません。
でも、こういう空色が欲しかったのでOK。ショールにしたいので、2かせ買いました。

もう一つ買ったのは、Ellie And Adaのソックヤーン。

Ellie and Ada


こういう色は私には珍しいんだけど、ツブツブ系っぽいのが欲しかったのです。
Ellie and Adaは、以前LHoganという名前でやっていた人が新しく始めたショップ。現在Etsyの方では糸はあまり数が無いのだけど、こっちのお店でも扱われていて、現在の在庫はこちらの方が多いですね。

どちらの糸も編みたい物を決めた上で買ったものではあるのですが、実際に編み始めるのはもうちょっと先かな〜?

** 糸のダイエット **

今まで:5,382g増

(+) Knitting Swedeの糸:200g
(+) Ellie and Adaの糸:100g

トータル:5,682g増
SEARCH