欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
仕上げ祭り・2
再び何とか写真が撮れそうなお天気になったので、ここ数日中に仕上げられた物をアップ。

Aibrean


まず、Isabell Kraemerさんデザインの"Aibrean"。
糸は去年の夏にデンマークで買ったDansk Pelsuldの5.5.2 Garnを使いました。

横から


Isabellさんらしいマニッシュな感じのデザインで、編み図はわかり易かったし、スムーズに編み進められました。日本の年末年始にちょうどいい厚さかなー?と思い、これを着て帰省しようと企んでいます。

次は、ShilasdairのLuxury DK w/Camelで編んだスヌード。

スヌード


これも衝動買いした糸で、何を編むかなかなか決められず長期在庫化しつつあったもの。デザインは"Milanese Loop"です。これも、けっこう楽しく編めたかな。わりと移動中に編んでいた気がします。

最後は、ずいぶん前に編み上がっていたのに、なかなか糸始末を終えられなかったこれ。

Orange Is New Black


編むのは2度目の"Selbu Peace & Love Mittens"。糸はこれまた衝動買いしたRaumaのFinullgarn(オレンジ)に、Natural KnitsのRomney 4plyを合わせてみました。前回は模様が地色にいまいち負けてしまったのだけど、今回の出来は、とりあえず満足 (^^)。

そんな仕上げ祭り中、編まれているのはこれです。

Bilumの糸でショール


果たして帰省までに完成できるか??

** 糸のダイエット **

今まで:5,072g増

(-) "Aibrean"使用分:320g
(-) スヌード使用分:104g
(-) ミトン使用分:60g

トータル:4,588g増

やったー! 久々〜〜に増量分が5kgを切ったよ、ママン!
仕上げ祭り
一週間ぐらい前にいろいろと仕上げたのですが、この時期の当地は日照に恵まれず(それでも、今年はお天気はまずまずなのですが)、なかなか写真が撮れずにおりました。
その間に、ずっと欲しいと思っていたトルソーを発作的に買ってしまいました。これ以上先延ばしにしているとチャンスが無くなりそうなので、ちょっと暗いけど写真を撮ることに。

フード付きのウェア


編むの自体は数ヶ月前に終わっていたのですが、なかなか糸始末をする気にならないでいたウェアを、ようやく仕上げ。
デザインはAndrea Rangelさんの"Shilshole"です。フード付きのウェアが編みたかったのよね。

後ろから


糸は発作的に買ったJ.C. RennieのChunky Lambswool(色はBlueprint)と、長期在庫にあったパピーのブリティッシュ・エロイカ。
元デザインは胸と袖に別な色で太いストライプが入るのですが、もうちょっとシンプルにしたかったので、それは省いてしまいました。編むのは楽しかったし、出来上がりには満足。

次はここのところ固め編み状態のショール・その1。

Umbel


デザインはAndrea Halasiさんの"Umbel"です。糸は、これまた発作的に買ったColinetteのJitterbug(色はPastures New)。編み図では針のサイズは4mmになっているけれど、Jitterbugがちょっと太めな感じなので4.5mmに上げてみました。

前から


ショールその2は、Romi Hillさんデザインの"Cactus Flower"。

Cactus Flower


糸はLaughing YaffleのSock(色はTulip)と、Froelich WolleのSpecial Blauband。

こちらも前から


諸般の事情でかなり長いこと冬眠させてしまった物件だったのですが、続きを編み始めたら凄く楽しくて、そこからはスルッと編み上がりました。形もきれいにできたし、大満足。Romiさんのデザインは初めて編んだのですが、他にも編んでみようかなーと興味がわいてもきました。

** 糸のダイエット **

今まで:5,891g増

(-) "Shilshole"使用分:553g
(-) "Umbel"使用分:114g
(-) "Cactus Flower"使用分:152g

トータル:5,072g増
"Breathing Space"とソックス完成
一週間ほど前に完成していたのだけど、やっと写真が撮れました(セッティングは相変わらずテキトーだけどさ)。

Breathing Space


Veera Valimakiさんデザインの"Breathing Space"です。使用糸はメインがMalabrigo Sock(色はTiziano Red)で、コントラストのまだら糸はEllie and Adaのソックヤーン(色はComposite)。
実は最初にデザインを見た時は、特に興味はなかったのです。が、まだら糸が、編もうと思ったデザインにピンとこなくて用途不明糸になり、そこからむくむくと気になってきたのです。これからの季節に良さそうな物に出来上がったし、今は着心地というか、着る頻度が高いようだったら、もう1枚違う色合いで編んでもいいかなーと思いはじめてもいます。

できたもの、その2。オリンピック開始前に編んでいたソックス。

Spiral Socks


デザインは大内いずみさんの"水色の斜め模様編みくつ下"。糸はCherry Tree Hill YarnのSuper Sock Merino。この糸、編むデザインがなかなか決められなくて、違うものを編み始めてほどいた経緯等もあるので、ようやく形にできて嬉しいです。色合いもこれからのシーズン向きだしね。

現在、ラベゲ以前に編んでいたもう片方のソックスをちょびちょびと編み進んではいるのですが、仕事の方がちょっとたてこんでいて、プレッシャー……。そうなるとどうなるかというと、糸を買ってしまうのだ〜〜。

Jitterbug買っちゃった


残念ながら廃業してしまったColinetteのサイトにフラフラと赴き、Jitterbugを2かせ購入。
Jitterbugって基本的には談染めの色合いが面白い糸だと思うのですが、ソックス用のソックヤーンを多々持っているのと、巻き物にしたいなーと思ってしまったので、セミソリッドな糸を買いました。

** 糸のダイエット **

今まで:6,318g増

(-) "Breathing Space"使用分:240g
(-) Cherry Tree Hillのソックス使用分:80g

(+) Jitterbug2かせ:300g

トータル:6,298g増
膝掛け完成
編むのが終わったものはいくつかあるのだけど、『完成報告』は久々だなぁ〜。

在庫糸を投入してのモヘアのドミノ編み膝掛け、完成しました。

膝掛け完成
(全体を広げて写真を撮るスペースが無いので、ソファーの後ろに横長に掛けてみた。)


以前のエントリーにも書いたように、近年使ったRowan、Drosp/Garnstudio、Marks & Kattensなどのモヘア糸の残りと、超長期在庫糸を使っています。昔の糸はラベルが無くなっている物はハマナカのがメインだと思ったのですが、もしかしたらダイヤのも混ざっていたかもしれません。
まだ若干残ってしまった糸もあるのですが、かなりの部分を有効活用できてよかったです。

何かが完成すると、安心して糸を買ってしまうのは私の悪癖。
まあ、編みたい物があったのも事実なんですがねー。

Muskat買ってしまった


Drops/Garnstudioのコットン糸Muskatです。
濃い色の方はちょっとわかりにくいかもしれないけど、プラム系の紫。在庫糸と組ませてウェアにするのだー。フフフ。
…しかしながら、その後やる気満々で編み図を購入したところ、予想したより複雑な作りのようで、ちょっとモチが下がってしまいました (^^;)。
えーと、でも、過去にもそういう編み図はいくつか経験しているので、「何じゃこりゃ?」と思いつつ素直に言われた通りに編んでみたらいいのはわかっているのですがね。

最近若干編むモチベーションが迷走気味なのは、ここのところずっと羊毛100%以外の糸が続いているせいかもしれません。これから夏(一応)だというのに、ものすごく純毛毛糸が編みたい!!

パーツ完成


この前レスキューした放置物件のパーツがスルッと編み上がったので、ここらで欲望のままに暑そうなウェアを編み始めてしまおうかと思います。

** 糸のダイエット **

今まで:6,113g増

(-) 膝掛け仕様分:281g

(+) Muskat5玉:250g

トータル:6,082g増
しましまスカートも完成
最近出来上がったもの、続いては"ブルガリアの手編みスカート"。

しましまスカート


編み始めたのは去年の7月頃でしょうか。それなりに順調に進んで、昨年中に編む方は終わっていたのですが、ベルト部分に手をつける前に年を越してしまいました。冬期休暇中にウェストのゴムをやっと入手し、先日ようやく完成。ウェストの両脇に鎖編みでベルト通しも付けてみました。

使った糸は、メインのチャコール・グレーがコペンハーゲンで買った謎のソックヤーン。緑がホビーラ・ホビーレのウール・キュート、えんじ色がBrown SheepのNature Spun Fingering、薄紫がマンセルのメリノ150クイーン。黄色と水色は元々は母所有のもので、40年ぐらい前の糸。黄色がカネボウのだというのはわかっているのですが、水色の方はラベル等が全く残っていないので不明です。

そしてついうっかり、別な小物も編み始めてしまいました (^^;)。

編み込み帽子製作中


パターンは"Flowers & Windmill"。ずっと編みたかったもので、どの糸で編もうか考えていたのですが、ふとKauniの残り糸を使えばいいのでは?と閃いてしまい、そうなるともう止まらなかったのでした。ただいま順調に成長中です。

** 糸のダイエット **

今まで:5,700g増

(-) しましまスカート使用分:296g

トータル:5,404g増
ゆうぜんとヴィンテージな糸のプル&帽子
最近出来上がったものたち、やっと写真が撮れました。まずは帽子。

Rangoli Hat後ろから



パターンは"Cabled Rangoli Hat"。

Rangoli Hat横向き


糸はハマナカのツイード・バザールです。スルッと編めた作品。最後はi-cordで終えてみました。

そして、Noroのゆうぜんとヴィンテージな糸・Heather Shetlandで編んだプル。

ゆうぜんを使ったプル


編み図は「ネックから編むセーター」掲載の"ラグランスリーブのボーダー柄セーター"。

ゆうぜんプルの襟元


袖を分けるところまでは編み図通りにし、袖は長袖に、身頃にはウェスト・シェイプを入れました。裾と袖口、襟の部分は、ゆうぜんの残量の関係もあり、元デザインをアレンジして。

欲を言えば、袖の付け根のへんはもう少し目数が少なくてもよかったなぁ。でも、長期在庫糸が有効に使えたので満足です。


** 糸のダイエット **

今まで:6,158g増

(-) Rangoli Hat使用分:39g
(-) ゆうぜんとHeather Shetlandのウェア使用分:419g

トータル:5,700g増
母用の北欧風カーディガン
新年になったと思ったら、あっという間にもう9日。

ここ数年、在庫を減らそうと思いつつも結局は前年を上回る在庫量になってしまうのですが、今年こそ糸のダイエットを進めたいなぁ。

さてそんな2016年ですが、1月2日に数年にわたって抱え込んでいた母依頼のカーディガンを、ようやく完成させることができました。


母のカーディガン、やっとできた



元デザインはNHK出版から出た「小瀬千枝の北欧ニット」という本に掲載されている、このセーター。


小瀬千枝さんのデザイン


糸はHoelfeldt LundのNorsk kunstvevgarn。
母はセーターではなくカーディガンが欲しいというのと、デザインとゲージが違うこと、また母が小柄なせいで模様を使っただけであとはほぼオリジナル状態になりました。


袖


袖はこんな感じ。



このボタンは好き。


ボタンは新宿のオカダヤで買ったもの。すごく気に入ったので、自分のウェアでもいつか使えるように買い足しちゃった♪


母に着てもらったところ、サイズや着心地等OKとのことで、ようやく肩の荷が下りた気分です。さ、今年は心おきなく自分の物を編むぞ!
(これは母の糸なので、糸のダイエットにはカウントせず…。というか、残り糸が在庫糸としてカウントされそうな……)
改造版"Spencer"、遂に完成
数年越しで編んでいたウェアが遂に完成しました。


襟元


元々のデザインは"Spencer"なんだけど、ゲージも違うしアレンジにアレンジを加え、元デザインと同じなのはアーガイルの模様だけという有様ですが、とにかく完成してよかった。


Strawberry Spencer

今の家はウェアの全体像を撮る良い場所が無いので、なんかダレた姿ですが… (^^;)。


実は表身頃だけ編み込みなせいで、ここだけ縦ゲージが違うので、裏身頃のサイズに合うように段数や減らし目のタイミングなど変えてあります。まー、なんとか形になったし、ちょうど今まさに必要な薄手のウェアができあがったので満足。


少し編んで在庫が減ると、糸が増えるのが私のお約束。
先日勢い余って参加してしまったKate DaviesさんのSeven Skeins Clubの荷物が届いています。


Seven Skeins Club到着


スコットランド産の羊の毛を使い、ヨークシャーの工場で生産された糸で、名前はBuchaille。(Kateさんのブログのこの記事以降にいろいろ書いてあります)

元々アルパカとかシルクの糸よりも昔ながらの純毛糸の方が圧倒的に好きな私は、こういうのには本当に弱くて、後先ほぼ考えずに飛びついてしまったのでした。

届いた糸をしばし眺めたあとは、Newsletterで「糸が届いたら重さをチェックしてね」と言われていたので、確認。全部50g強あって、全体では366gでした。
Seven Skeins ClubにはKateさんのデザインも含まれていて、もうソックスの編み図が届いているんだけど、これでソックスを編むのは勿体ないなぁ…(フェルト化したり穴が開いちゃうから)。


** 糸のダイエット **

今まで:6,728g増

(-) Spencer使用分:248g

(+) Seven Skeins Club:366g

トータル:6,846g増

赤ちゃんグッズも完成
以前のエントリーにも書いたのですが、いつもknit nightで使わせてもらっているお店のスタッフJ君に赤ちゃんが生まれるので、有志でお祝いの赤ちゃんグッズを編むことになっていました。
出産祝いには、何人かで合同でブランケット等を編むこともありますが、今回は各自が好きなものを編んで持ち寄る形式。予定日まで1ヶ月を切ったし、とりまとめ役を買って出てくれた友達に提出すべく、完成させました。


Baby cadrigan


Diane Soucyさんデザインの"Easy Baby Cardigan"です。トップダウンで編むタイプで、フード無しのバージョンもあるのですが、糸がたっぷりあるのでフード付きにしました。サイズは6ヶ月用。

元デザインからの変更点は、作り目をprovisional cast onにして後でそこをthree needles bind offにしたことと、紐(?)を鎖編みではなくi-cordにしたことかな。スルッと楽しく編めました。


糸が予想以上に余ったので、続いてbib(今の日本語だと『スタイ』なのかな?)も編むことに。


残った糸でbib


どのデザインにするか迷いましたが、以前模様をブランケットに流用したElaine Fitzpatrickさんの"Oh, Nuts!"を編むことにしました。


bib


こちらもスルッと完成です。

糸は友人からこのプロジェクトの為に譲り受けたNumma NummaのHeartyなんだけど、実はまだ糸が1かせ残っているのですよね。さらに何か編み足そうか悩むところです。


** 糸のダイエット **

今まで:6,160g増

(-) Easy Baby Cardigan使用分:202g
(-) Bib使用分:39g

トータル:5,919g増
"Azami"
コットンの糸で編んでいた"Azami"、編む方は1ヶ月ぐらい前に終わっていたと思うのですが、仕上げに時間がかかり、さらになかなか写真が撮れずにいました。

ようやく、なんとか写真が撮れたので、掲載。

前



Twist Collectiveで発表された、Carol Fellerさんの"Azami"です。

後ろから見ると、こんな。


後ろから


フード付きのウェアを編むのは初めてだったのですが、何のトラブルも無く、本当にスムーズに編み終わりました。


センスの無い全貌写真


大変センスの無い全貌写真 (^^;)。こういう写真しか撮れない時、あー、トルソーが欲しいなぁと思います(人体を使えというツッコミは無しの方向で)。


** 糸のダイエット **

今まで:6,867g増

(-) "Azami"使用分:478g


トータル:6,389g増


SEARCH