欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
長年眠っていた東京アートセンターの糸で
ブロッキングするまで1週間ちょっと間があいてしまったのですが、最近編み上がったもの2つを完成させました。
奇しくもどちらも東京アートセンターで買った糸。2009年の11月にちょっとだけ一時帰国した時に衝動買いした糸たちです。衝動買いの常で、なかなか編む物が決められず、今年まで眠っていました。

Hasukai Cowl完成

Hiroko Fukatsuさんの"Hasukai Cowl"。編むの、楽しかったなぁ〜〜。1つ目のフリルを編み終え、作り目を解くときに気を遣いましたが、あとはスルスルと編めました。

薄手のカーディガン

個人的に満足度がより大きいのがこちら。この糸はちょっとかわったテクスチャーで、それと色とに惹かれて2かせ衝動買いしてしまったのです。とうとう形にできて、本当に嬉しい!

後ろ姿

デザインはElfie Albert Boriesさんの"Gilet Kitty"。フランスのデザイナーさんで、編み図もフランス語のみ。しかし試しに翻訳サイトにかけてみたら、そこそこ意味が通じる程度の文になったので、あとは自分の経験値で補填して編み進めることができました。

結んでもよし
(前で結んでもいい感じ)

糸は2本どりにして、編み地がよく伸びるのでサイズも1つ下げてみました。
時期的にもピッタリだし、早速活躍してくれそうです。

さて、現在のメイン編み物件がこの2つ。

Red Blizzard始動

ショールと…

夏のウェアCOしました

トップダウンのウェア。ショールは複雑なレースがない(はずの)デザインだし、週末にウェアの方を集中的に編んで袖下までクリアできたので、どちらもモバイル可な体制になりました。どちらを持ち歩くかは、私の気分次第…。

** 糸のダイエット **

今まで:5,064g増

(-) "Hasukai Cowl"使用分:67g
(-) "Gilet Kitty"使用分:192g

トータル:4,805g増
半袖ラップ・カーディガン
もみの木ヤーンの糸で編んでいたウェアが完成しました。

ラップカーディガン

いつか編みたいと思っていたラップ・カーディガン。パターンは"All Seasons Cardi"を使ってみました。
実は今、Ravelryのパターン・ページからのリンクが切れているのだけど、メールで連絡したら売ってもらえると思います(私はたまたま、それより前に購入済みだったのです)。

至近距離から

ゲージがちょっと違っているので、M/Lサイズの方にして、袖の長さは自分の好きなように変えています。肘のちょっと上ぐらいのはず。

今週末はヤーン・フェスティバルに出かけることもあり、"Hasukai Cowl"はモバイル物件に、そして家ではもう一つの東京アートセンターの糸の物件を…。という訳なのですが、現在の姿は、こんな。

計画変更

ちょっと前のエントリーに書いたのとは、姿が変わっております。そう、週末にほどいて編み直し始めたから。

元々はシュラグっぽい構造のカーディガン(というかジャケット)のつもりだったのですが、編み地がけっこう横に伸びる。これでは、裾を縫い付けたらダラーっと変な形になってしまうのではないかと心配になってきたのです。また、糸がスムーズではない変わったテクスチャーなので、元々パーツを縫い合わせにくいだろうという危惧もありました。

結局、今ならまだそこまでのダメージなく路線変更できるということで糸をほどいたのですが、そのまま元々の最終候補の1つだったデザインを編み始めてしまいました。
なぜこっちのデザインにしなかったかというと、これ、フランス語版しかないんですよね。でも案ずるより生むが易しで、翻訳サイトと経験値で編み進むことができています。

** 糸のダイエット **

今まで:3,730g増

(-) "All Seasons Cardi"使用分:136g

トータル:3,594g増
冬眠からレスキュー
先週末は編みかけ放置組から1つレスキューしたものを編み上げ、水通ししていました。週の間に完成し、ようやく写真も撮影。

ライラックなRusted Root

ヘルシンキにあるショップ・MenitaのCotton Dreamという糸で、去年の秋口にそこそこ快調に編んでいたのですが、時期的に仕事が忙しくなったのと、このウェアを着られるような気候ではなくなったせいで、冬眠に入っていたのです。
残り具合はどうなんだっけ? と思ってチェックしてみたら、袖片方(しかも段数としては10段もない)と糸始末だけだったので、ちゃちゃっと終了。

模様と袖


デザインはSarah Mooreさんの"Rusted Root"。以前、指定糸のBrown Sheep Cotton Fleeceで編んでいるのですが、その着心地から、ちょっとだけ細い糸でもう一度編みたいと思っていたのです。今年の夏は活躍してくれるかな?

前回のエントリーに新規物件の写真を載せてしまったけど、その前から編んでいるレースヤーンの物件が放置された訳ではなく、現在はこんな感じ。

半分を越えました

半分を越えてちょっとしたぐらいのところ。デザインはHiroko Fukatsuさんの"Hasukai Cowl"です。

** 糸のダイエット **

今まで:3,958g増

(-) "Rusted Root"使用分:228g

トータル:3,730g増
大判ひざ掛け完成
ここしばらくはせっせと"Banana Leaf Shawl"を編んでいて、目下ラストスパート中。

Banana Leaf Shawl終盤

というのも、明日からちょっと旅行に行くから(日程が日本のゴールデン・ウィークと重なったのは、たまたまですが)。旅のお供は他のものがあるし、できれば編み終わってスッキリした気分で出かけたい!! 金曜の夜の段階では無理かなーと思ったのですが、朝からせっせと編んで本当に終盤に入っているので、頑張りたいところです。

並行してポツポツと糸始末を終え、残りソックヤーンのドミノ編み大判ひざ掛けが完成しました。

ドミノ編み大判ひざ掛け
(ソファーの背にかけてみた。)

全貌は、こちら。

ドミノ編み大判ひざ掛け全貌

こうやってちょっと遠目に見ると、色がゴチャゴチャしている感じなんだけど、これは見た目より制作の過程と効用重視だから、これでいいのだ。

** 糸のダイエット **

今まで:4,635g増

(-) ドミノ編み大判ひざ掛け使用分:646g

トータル:3,989g増
"Breathing Space"第2号
オリンピック(&ラベゲ)が終わり、オリンピック前に編み終わっていたウェアの糸始末をして完成させました。

Breathing Space2号


Veera Valimakiさんデザインの"Breathing Space"。編むのは2枚目です。

1枚目は茶系の色合いになったので、今回は青・紫系統にしようと思っていました。まず、去年の4月にまだら糸の方の気に入った色を見つけて購入。そういえばあの頃はEtsyでまだら糸ばかり眺めていたなぁ〜。

Green Elephantの糸

(Green Elephant Hand Dyed Yarnのソックヤーン。)

夏の間、機会がある度にメインカラーにする糸を探していたのですが、なかなかこれは!と思うものに巡り会えず、9月にようやくTownhouse Yarnsの糸を買いました。

Townhouseの糸


色は"Velvet"。実はこれ、一度いいなーと思ったものの、見送っていたのです。他の糸をチェックしていくうち、やっぱり一番好みかもと思い直したものでした。

1枚目を編んだ時は比較的デザインに忠実に編んだのですが、やはり私はフルレンスの袖の方が好きなので、今回は袖は伸ばしました。

仕上げ待ち物件を一つ片付けたし、私は編んでいないと死んじゃう病なので、次の物件を…。
今度も性懲りも無くカウルです。

もう一つカウル


スコットランドのオークニー島にあるLittle Orkney Dye Shedの、100%North Ronaldsay種の糸です。

** 糸のダイエット **

今まで:4,903g増

(-) "Breathing Space" 2号使用分:292g

トータル:4,611g増
ソックスとカーディガン
前の投稿から1ヶ月近く経っちゃったなぁ。
あっという間に今年も終わり近くになり、帰省を前にして2つ完成させました。 まず、地元ニッター仲間でのKAL用のソックス。

Gush完成


デザインは"Gush。糸はフィンランドのPirkanmaan KotityoのKirjo-Pirkka。3年前に旅行した時に買ってきたものです。

履いてみた


"Gush"は基本的にはソリッドな糸用のパターンみたいだけど、これぐらいの色変化だったら十分模様が生かされる気がします。

もう一つ、なんとか駆け込みで完成したのがこちら。

Vinca


Svetlana Volkovaさんデザインの"Fleur Cardi"。
糸はIsle YarnsのDKです。

後ろから


このカーディガンは編み始め部分でもある肩のレース模様が素敵なのですが、意外と目立たなかったかも。コットン糸などで編んだ方が模様は目立つかもしれません。

肩


袖の編み始めにメリヤスはぎがあり、それになかなか着手しなかったために時間がかかりましたが、基本的にはスムーズに完成しました。パリで衝動買いしたボタンも使えたしね!

** 糸のダイエット **

今まで:5,065g増

(-) Gush使用分:58g
Fleur Cardi 使用分:406g

トータル:4,601g増
ベリー色なウェアも完成。
こちらのウェアも完成し、昨日早速着て出かけました。

ベリー


桑村礼子さんデザインの"Hey Hey, My My"。とても好きなデザインで、これは2枚目でした。

2015年の3月に編み始めていたのだけど、糸が足りないかも?! →やっぱり足りない →ほどいて違うものにする? →ここまで編んだのにほどきたくないなぁ…。
と、こんな風に悩んだ末放置されていたものです。追加の糸1玉が買えただけでなく、ロットの違いが判別不可能なぐらい小さなものだったのはラッキーでした!

ベリー色のウェア2


このデザインを最初に編んだときは袖口と裾にメインの模様を生かしてみたのだけど、今回はシンプルなガーター編みで。

ところで50g玉の糸の7玉目の途中まで使って、手元に22g残っているのだけど、できあがったウェアを糸始末前に計ってみたら、何度計っても304gにしかならないんですよね。計算上はあと24g重いはずなんだけど…。ということは、50g未満の玉があったということになります。先月同じ糸(MenitaのCotton Dream)の色違いを買ったのでそれも計ってみたら、47gぐらいしかないものもあるのです。なので、今後この糸を買うことがあったら、要注意かもしれません。

** 糸のダイエット **

今まで:5,599g増

(-) "Hey Hey, My My" 使用分:304g

トータル:5,295g増
放置1年の後、
残念ながら”小山”ぐらいの様相は呈している編みかけ物件。その中には完成目前で足踏みしているものがいくつかあります。
週末にふと気が向いて、そんな中から一つ完成させてみました。これに触るのは1年ちょっとぶり…。

去年の6月の段階でパーツは全部編み上がり、袖付けも完成し、糸始末まで終わっていたのです。ところが、サイドにアクセントのベルト(?)をつける為のボタンと縫い糸を調達した段階で挫折。
でもこれ、着るなら今の時期なんだよねぇ。気分屋の私は『その気になった時』を逃すとさらに放置し続けてしまうので、思い立ったが吉日とは、まさに私の為の言葉。

Lavenderesque
できたよー!

Lavenderesque2


パターンはHelene Rushさんの"Oceanesque"で、糸はCraftspun YarnsのLinen/Cotton Boucle Yarnです。この糸を買ったのはクラフト・フェアだったのだけど、なんと今から8年も前だったみたい (^^;)。Craftspunは当時はウェブでも糸を売っていたのだけど、今はあまり扱っていないみたいですねぇ…。

** 糸のダイエット **

今まで:5,415g増

(-) Oceanesque使用分:398g

トータル:5,017g増
ウェア完成しています。
Squeaky ElliotのGower Woolをメインに編んでいたウェア、無事完成。
10日ぐらい前に完成していたのだけど、なかなか写真が撮れなかったり等の事情で、ブログへのアップがすっかり遅くなってしまいました。

Garnet Pullover 1


袖口と裾の編み込みには、Annie SherburneのOrganic Wensleydaleの残り(灰青色)、Cushendale Woollen Mills DK(白)とKate Davies DesignsのBuchailleのHaar(薄いグレー)を使いました。

Garnet Pullover 2


身頃も袖も編み図通りに編んだのですが、襟は編み図では三つ折りのところ、私は二つ折りにしたいので段数を減らしました。試着しながら編んで、結局67段ぐらいになったかな? あと、ゴム編み止めが面倒で (^^;)、stretchy bind offに逃亡。
着るような時期まであと数ヶ月ありますが、着るのが楽しみです。

このウェアが終わってからは、プレゼント用のストールを編み進み、こちらも編む方は終わってあとは仕上げのみ。 次の編み物件にも手をつけていますが、それと並行して進んでいるのがこちらです。

のろのろ編んでます


デザインはMari Muinonenさんの"Haruha Scarf"。ずいぶん前にManos Del UruguayのSilk Blendで編んだのですが、この糸はDKだったので、もうちょっと細い糸でも編みたいかなーと思っていたデザインです。

糸はCornelia Hamilton YarnsのHeaven's Hand Shaman。なんと5年も前にスウェーデンのショップで衝動買いしたものです。シルク100%で色もきれいだなーと思ったのが原動力だったのですが、ハンドスパンの4plyなので、ちょっとsari yarnみたいな印象です。手触りもいわゆるシルク糸よりザラっとした感じ。このテクスチャーと編み心地の関係で、今まで2回ほど編み始めてみたのですが、選んだデザインに対してどうもしっくりこず、今回やっとそれなりに納得できるデザインを選べたような気がします。
白状すると個人的にはあまり好きな編み心地ではなく、腱鞘炎が再発している腕に負担がかかる感じなので、ノロノロと進行です。

** 糸のダイエット **

今まで:5,346g増

(-) Gower Woolメインのウェア使用分:417g

トータル:4,929g増
仕上げ祭り・2
再び何とか写真が撮れそうなお天気になったので、ここ数日中に仕上げられた物をアップ。

Aibrean


まず、Isabell Kraemerさんデザインの"Aibrean"。
糸は去年の夏にデンマークで買ったDansk Pelsuldの5.5.2 Garnを使いました。

横から


Isabellさんらしいマニッシュな感じのデザインで、編み図はわかり易かったし、スムーズに編み進められました。日本の年末年始にちょうどいい厚さかなー?と思い、これを着て帰省しようと企んでいます。

次は、ShilasdairのLuxury DK w/Camelで編んだスヌード。

スヌード


これも衝動買いした糸で、何を編むかなかなか決められず長期在庫化しつつあったもの。デザインは"Milanese Loop"です。これも、けっこう楽しく編めたかな。わりと移動中に編んでいた気がします。

最後は、ずいぶん前に編み上がっていたのに、なかなか糸始末を終えられなかったこれ。

Orange Is New Black


編むのは2度目の"Selbu Peace & Love Mittens"。糸はこれまた衝動買いしたRaumaのFinullgarn(オレンジ)に、Natural KnitsのRomney 4plyを合わせてみました。前回は模様が地色にいまいち負けてしまったのだけど、今回の出来は、とりあえず満足 (^^)。

そんな仕上げ祭り中、編まれているのはこれです。

Bilumの糸でショール


果たして帰省までに完成できるか??

** 糸のダイエット **

今まで:5,072g増

(-) "Aibrean"使用分:320g
(-) スヌード使用分:104g
(-) ミトン使用分:60g

トータル:4,588g増

やったー! 久々〜〜に増量分が5kgを切ったよ、ママン!
SEARCH