欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< "Maija"に挑戦 | main | 思い立ったが吉日 >>
Kerry Woollen Millsのアラン糸
先日フラフラといろいろな方のブログを眺めていて知ったのですが、毛糸だまにアイルランドのKerry Woollen Millsの糸が使われたようですねぇ。

で、ふと気が向いて先ほど当ブログのアクセス・ログを見てみたら、Kerry Woollen Millsでの検索が増えているではありませんか。さすが毛糸だま効果。
日本で編んだことがある人はそんなにたくさんいないだろうし、ちょっと記事にしてみます。

この会社の糸については、Carol Fellerさんの「Contemporary Irish Knits」に書かれているのですが(あと、雑誌The Knitter誌でも見かけたことがあるような気がします)、アイルランド国内のオーガニックな酪農家から羊毛を購入して作るorganic yarnsと、アイルランド産とニュージーランド産のを混ぜて作るスタンダードのAran weight yarnの2種あるようです。私が編んだことがあるのは、このスタンダードの方(のはず。organicって書いてなかったし)。
追記:過去の自分のエントリーを読んだら、どうもオーガニックの方だったらしい。どっちにしろ、アイルランド産の羊の糸は固いというのに変わりはないのだけど。


Wisteriaその2


色はRaspberry Fleck。Kate Gilbertさんデザインの'Wisteria'を編みました。1かせ200g(長さは320mぐらいらしい)あるのですが、これだけケーブルが入っているのと、下の方に向かってちょっと広がるデザインなので、3かせ強で完成。
(編んだのは3年前。このへんからポツポツと編みかけの様子を書いています)


ここの糸は他にNatural WhiteとMid Jacobを編んだことがあり、あと緑系と紺系の糸は見たことがあるのですが、どれも色はきれいですよ。
(購入元は会社のウェブショップと、The Yarn Roomというアイルランドのショップ。The Yarn Roomは今は在庫が少ないようですが…)

注意点というか、留意点と言えば、手触りがかなり固い糸だということ。一度水通しをすると、良い感じにちょっとクタッとしてくれますが、編んでいる間はガッシリした平面状態。私は固い毛糸は大好物なので嬉々として編んでいましたが、それでも若干手荒れはしたので、慣れていない方はちょっと心構えが必要かもしれません。
同時に固い糸の良い点として「ほどけにくい」というのがあるので、スティークを使う物にはむしろ向いているかも。

それから、Mid Jacobについてもちょっと書いておきましょう。これはもともと茶色い毛のJacob種の羊からの糸で、きれいなチョコレート色の糸。手触りやテクスチャー、伸縮性もこの会社の他の糸とは違っていて、編むのがとても楽しかった糸です。

茶色のアラン毛糸


ただ、この色はこの毛の色の羊が生まれないと取れないので、いつもある色ではないのですよね(私は本当にラッキーだった)。


ともあれ、そんなガッシリ系の糸なので、マフラーとかネックウォーマーとかにはお薦めしません。向いているのは、やっぱりウェアでしょう。私は編んだことはないけど、ジャケットなんかにするのも良いと思います。

あとは、こんな帽子もね。

ラズベリー色の帽子と黄色いcowl

スポンサーサイト
はじめまして。
ケリー社のアラン糸で検索をかけていたところこのサイトにたどり着きました。
私は、編み物を始めたばかりなので、こちらで紹介されている
作品の完成度に驚き感動しています。
それで、まったく不躾なのですが、質問させていただきたくコメントを投稿しようと思いましたので,
もしよろしければご回答ください。
私はケリー社のアラン糸で、竹針を使って、まずレッグウォーマーを編んだところ、すべりが悪いのと編み終えた目を押さえるのとで、ひどく手が痛くなってしまい、今後予定しているカーディガンを編みきるのは難しいと思いました。以前のエントリーでも触れられていましたが、この糸で編むのには金属針のほうが適していると思われますか。よろしくご教示ください。
Tomomi | 2015/01/21 14:03
Tomomiさま、
コメントありがとうございます。
ケリーの糸と針についてですが、この糸はけっこう固くて重い糸なので、このタイプに慣れていない方には最初はきついかもしれません。
私はこのタイプの糸は好物なこともあり、竹、金属、木製、どの針でも平気で編んでしまうのであまり感じたことがなかったのですが、もし違うタイプの針をお持ちだったり、針について相談できるお店があれば、ゲージ編みの時にでも試してみると良いと思いますよ。
ただ、もしケーブル系の模様を考えていらっしゃるのでしたら、文句無しに金属製の針をお勧めします。できればクロバーかKnitpro社のが、先が尖り気味で使い易いと思いますよ。
あとは、Tomomiさんがこの糸に慣れてくると、もうちょっと楽に編めるようになると思います。カーディガン、ぜひ編んで下さいね! 完成したらぜひ教えて下さい。
HB | 2015/01/22 19:20
お返事ありがとうございました!

カーディガンにはあまりケーブルが入っていないのですが、ゆくゆくは派手にケーブルの入ったものを編もうと思っています。そのときにはぜひ金属針を試したいと思います。

私は、ケリー社の糸のごつごつしている所と、色がとても気に入ったので、いくつも編みたいと思っています。

この糸に慣れるのを期待しつつ、いつになるか分かりませんが、カーディガンが出来上がったらご報告に参ります。

いろいろ教えていただいてありがとうございました。
Tomomi | 2015/01/23 13:15
こんばんは。

昨年、針についてのアドバイスを頂いた後、小物でトレーニングを積み?満を持して12月の初旬にカーディガンを編み始め、ようやく出来上がりました。生命の木、ハニカムとケーブル模様のごっついのができました。本当に嬉しいものです。針は先がとがっていて竹製のキャリーCロングというのを使いました。ゴム編みはニットプロのノバメタルで編みましたが、なんだかぬるぬるした感触が独特です。

その節は本当に有難うございました。

これからも、ブログ記事を楽しみにしています。
ご挨拶まで。
Tomomi | 2016/01/24 18:06
追伸

おっしゃるとおり、手が痛いのは、慣れてなくなりました。指先の皮が向けるのもなくなりました。でも、力が必要な毛糸であるのに変わりはありません。

カーディガンを一枚編むうちに、かさかさしていた竹針は、つるつると滑るようになりちょっとした喜びでした。
Tomomi | 2016/01/24 19:23
わあ、ご報告ありがとうございます!
ごっついアランのカーディガンが出来上がったとのこと、よかったですね!! 
この糸は本当にアウター向きのしっかりしたものなので、ぜひ長く着て下さい (^^)。

竹製と木製の針は、編んでいるうちに表面が滑らかになっていくのが気持いいですよね〜。

ともあれ微力ながらお力になれたようで嬉しいです。また何かありましたら、お気軽にどうぞ(私も別にエキスパートという訳ではないですが…)。
HB | 2016/01/25 18:01
COMMENT









Trackback URL
http://happybunny09.jugem.jp/trackback/340
TRACKBACK
SEARCH