欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スローな日曜日 | main | Yarn Festivalに行ってきた・その2 >>
Yarn Festivalに行ってきた・その1
3月14日、15日の週末にエジンバラであったEdinburgh Yarn Festivalに行ってきました。

エジンバラにはニッター友達がいて、去年も一昨年も誘われていたのだけど、日程的に無理で行けなかったのですよね。今年も行こう!と決めたのが時期的にちょっと遅く、興味のあったクラスは全て定員オーバーしていて、結局クラスを取ることはできなかったのですが、ものすごく楽しかったです。

今年でたぶん3回目だと思うのだけど、フェスティバルの規模は年々大きくなっているようで、今回の会場はCorn Exchange。

会場外観


中に入ると、すごい熱気! そしてちょっとベンダーさんエリアを見始めただけで、記憶が吹っ飛ぶ私。えー、ワタクシはココに何をしに来たんだっけ?(^^;)

すごい熱気


クラフト系のフェアにはこれまでも行ったことがあるけど、このフェスティバルのすごいところは、『羊関係』にほぼ限定されていることと、インディペンデント系の所が多く、商業色が薄いところ。とにかく、濃い! 地元スコットランドのショップだけでなく、Dye for Yarn、Dublin Dye Company、Siidegarte等の海外のショップのブースもありました。


アイスランドのHeleneさんのブース

アイスランドのHelene Magnussonさんのブース。キットでしか売っていなかったのが残念。


Jamiesons of Shetlandのアラン糸

Jamieson's of Shetlandのブースに飾ってあったアラン糸。今回アラン糸は見本しか持ってきていなかったようでした(もしアラン糸が登場していたら、私の買い物はどうなったのか想像がつかない…)。


Shilasdair

同じくスコットランドのスカイ島のShilasdairのブースには、染料の植物の写真も。


Wensleydaleとモヘアの糸の店


Wensleydaleとモヘアのミックスの糸専門(?)のWhistlebare。とにかく色が可愛くて猛烈に心惹かれたのだけど、何を編んだらいいのかわからなくて、今回はリーフレットをもらっただけで断念。


Ginger Twist Studio

Ginger Twist Studioのブース。巻き物用4ply糸を探していて、最後まで迷ったショップの一つ。


Easyknits

こちらも、色がとっても魅力的なEasyknits


心惹かれたが断念した糸

これには最後まで迷ったのだけど、やはり何を編むか決めかねて断念したのでした。


Rainbow Heirloomのソックヤーン

Tin Can Knitsと合同でブースを出していたRainbow Heirloomの糸。左側のが色的にとても気に入ったのだけど、1かせ400ヤード(=366m弱)しかなく、400mの糸を探していたので、泣く泣く断念。


…と、こんな風に買い物をしなかったブースの写真を載せていますが、1日目からしっかり買い物をしております。

地元のニッター友達も何人も来ており、そのうちの2人と初日の午後に会場の隣のパブで一休み。
そしてお互いの買い物状況を披露。

パブで戦果を披露

こんな感じで、1日目は過ぎていったのでした。

スポンサーサイト
まあ、なんと楽しそうなフェアなのでしょう!
お友達と戦果?を報告し合えるのもまた良いですね。
どちらの糸も素敵な色ですね。
なかでもeasy knitsさんの明るい色に惹かれました。
こういうインディペンデントな感じ、すごく興奮します。
是非私も行って見たい!!
ほへと千鳥 | 2015/03/16 13:52
主催者側が『会社』とか『イベンター』でなく、『ニッター』だというのが、あの独特の雰囲気の秘密の気がします。とにかく全体的な雰囲気がすごく良くて、フェスティバル中に会った地元の友達(しかも7人も)も、異口同音に同じことを言っていましたよ。
また来年も行けたらいいなーと、今から思っています(笑)。
HB | 2015/03/16 20:22
COMMENT









Trackback URL
http://happybunny09.jugem.jp/trackback/457
TRACKBACK
SEARCH