欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Winter Wonder Mittensも完成 | main | エジンバラのYarn Festivalに行ってきた・その2 >>
エジンバラのYarn Festivalに行ってきた。
今年もEdinburgh Yarn Festivalに行ってきました! 思えばこれの為に、今年は今まで糸を買い控えていたのよね。

Edinburgh Yarn Festival 2016


今年も取りたかったクラスは結局キャンセル待ち状態のまま当日を迎えてしまったので、2日間ひたすらお買い物&見学です。
会場に入ると、まず今回たぶん初登場なのかな? Wollmeiseのでっかいブースが…。これだけでも規模が大きくなったのを実感します。

もう一つ今年初登場なのが、Blacker Yarns

Blackerのブース

Blackerの新作・Tamarは、このフェスティバルがデビューです。

Tamar


前回は合同でブースを出していたYsolda TeagueとStephen Westは、今回は別々なブース。Ysoldaのところには自社ブランド(って言うのか?)の糸も。一方Stephen & Penelopeとして登場したStephen Westの方は…

Stephen Westのショール

Stephen & Penelopeのブース


StephenのデザインとHedgehog Fibresの糸のブースでした。Stephen本人は、去年以上にド派手なファッションで目立っていたよー(笑)。

今回初参加だったのが、去年自身の糸・Buachailleを発表したKate Davies。発表時からは色の数が増えたBuachailleとデザインが売られていましたが、彼女の作品のサンプルも手に取って見られて嬉しかったです。

Kate Daviesのブース
"Yokes"掲載の'Epistrophy'。
本に掲載された時とは配色の濃淡が逆になっているバージョン。


Kateさん自身もまさにこのままの姿でブースにいて、沢山の人とお話ししていたようでした。

私は会場内外で地元のニッター友達の何人かと会ったのですが、みんな思っていたのは「このフェスティバル、国際色豊かになったねぇ」ということ。海外からのベンダーさんも増えたと思うし、そこらじゅうでフランス語やらドイツ語やらが飛び交っているし、初日の帰りのバスでは、すぐ後ろでギリシャ人とベルギー人がお喋りしているのです。なんかいいなぁ (^^)。

フランスのショップ

これはLa Bien Aimeeというフランスのショップ。Stephen Westのデザインにピッタリな感じの印象です。

Easy Knitsの編み物男子

去年はエプロン姿だったEasyknitsの編み物男子コンビも、今年はキルト姿にバージョン・アップしていたよー。
というわけで、続くのであります。
スポンサーサイト
わあ!楽しそうですね!
このイベント、インスタで拝見してました。
鮮やかな糸が多い印象です。
…というか派手な人(スティーブンさんとか)が写真に撮られやすいのかな?(笑)
最近日本でも人気のアンネ&カルロスさんも参加されているのかな?
それにしてもHBさん、羨ましいです!
年々盛り上がっているというのも素晴らしいですね。
確か以前のHBさんの記事にもコメントしたと思うのですが、
しつこく再び(笑)私も行ってみたいです!
ほへと千鳥 | 2016/03/20 12:22
アンネ&カルロスさんのブースはありませんでしたね。
友達が「デンマーク人がけっこういた」と言っていたので、もしかしたらそんな個人参加者の中にいたのかもしれませんが…。
こういうフェアは他にもいくつかあって、CumbriaであるWoolfestや、ウェールズでのWonderwoolにも行ってみたいです(が、その前に在庫を編まないと行けない!)。
HB | 2016/03/20 18:22
COMMENT









Trackback URL
http://happybunny09.jugem.jp/trackback/514
TRACKBACK
SEARCH