欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Woollinnに行ってきた・1 | main | 買い物は止まらない >>
Woollinnに行ってきた・2
今回のフェスティバルの個人的な目玉その2が、ポーランドのMartin's Lab

Martins Labの糸
あああ、かわいいぃぃぃ…

Das Mondschafの糸

こっちも可愛いぃぃぃ。ドイツのDas Mondschafの糸たちです。

スコットランドから海を越え、棚まであるほぼ『店舗』なブースで登場したYsolda

Ysoldaのブース

Ysoldaのサンプル
作品サンプルや糸、小物、書籍等、充実の品揃え。

Ysoldaのブースのノルウェーの糸

そんなYsoldaのブースで発見したノルウェーの糸。今回、こういうタイプの糸の登場はほぼ期待していなくてお買い物リストに入れていなかった(ゆえに購入せず)のが悔やまれます。緑の左のTindeはDK、右側のSoljeはfingering。機会があったら編んでみたいです。

Dye Ninja

スコットランドのDyeNinja。ソリッド系の糸が色が豊富できれい。

Watercolours and Lace

レースヤーンが主力の Watercolours and Laceは、サンプルもとってもきれいなのだけど、今回は(予算を越える買い物をしてしまったので)見送り。

Lain amouree

こちらはフランスの Lain Amouree。ここも迷った末購入には至らなかったのですが、シックな色が素敵です。

そんなとっても楽しかった2日間。会場で会った地元ニッター仲間も「予算越えちゃった〜、あははは」状態でしたが、同じく途中で設定した『予算』を見事に超過した私の今回のお買い物がこちら。

お買い物

糸は左の緑の糸から時計回りにCountess AblazeのPersephone Sock、 EasyknitsのDivine、DyeNinjaのHigh Twist Merino Fingering、Walk CollectionのLinea3かせ、 Babbles YarnsのMerino Sock、 Das MondschafのHydra、OlannのSock Lite。そして手前のピンクのが WhistlebareのCheviot Marsh 4plyのmini skein (20g)。このショップは元々はWensleydale種とモヘアの糸だけだったのですが、去年から違うタイプの糸も作り始めていたようです。ちょうど少量のピンクのフィンガリングの糸を探していたので、即決でした。

** 糸のダイエット **

今まで:3,594g増

(+) Woollinnで爆買い:1,020g

トータル:4,614g増

いやー、一度にこんなに買ったのは久しぶりだ〜。でも後悔はしない!
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://happybunny09.jugem.jp/trackback/602
TRACKBACK
SEARCH