欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 長年眠っていた東京アートセンターの糸で | main | 途中経過 >>
Woolfest 2018
今年もWoolfestに行ってきました。6月22日(金)と23日(土)の2日間だったのですが、私は土曜日は用事があったので、初日のみ参加。

Woolfest 2018

去年来て雰囲気がわかっているとはいえ、1日しかいられないのでちょっとだけ焦りのようなものがあります(そのせいか、思ったより全然写真を撮っていなかった…)。あと、いきなり反省点になってしまうけど、『お買い物リスト』をもうちょっとちゃんと作るんだったなぁ…。

ともあれ、まずは会場を一周。

Iona Wool

個人的に目玉だったIona Wool。ウェブでリサーチはしてあったのだけど、実際に見ると印象がちょっと変わったりして悩みます。

Di Gilpin

スコットランドのDi Gilpin。去年も今年も強烈に気になったお店なのだけど、今年も何を編むか決めきれずに見送り。次回こそは!

Portland

Woolfestといえば、羊やアルパカ、アンゴラを見られるのも特色です。これはポートランド種の羊。

Herdwick

じゅうたんやラグなどに利用されるので知られるHerdwick種。

Jacob

このJacob種の子は、通りがかる人たちが口々に「立派な体格ねぇ」と言っていました (^^)。

Yarn bowl

素敵なヤーン・ボウルがたくさん! Emily Cross Ceramicsの作品です。荷物量的に買うことができなかったので残念。

Marie Wallin


デザイナーのMarie Wallinさんのブース。パターンやキットを売っていました。

Sheepfold

Sheepfoldのブースで売られていた糸。最後まで気になりつつも決定打がなく、断念。

Iona Woolには、なかなか決められなくて5回ぐらい見に行ってしまい、お店の人に覚えられてウケてしまったり、Midwinter Yarnsでお店の人とさんざんおしゃべりした挙句衝動買いしたりと、楽しい1日でした。去年は「1回来たし、ちょっと遠いからもういいや」と思ったけど、来るとやっぱり楽しいので、来年も来ちゃうのかなぁ…。
そんな今年のWoolfestでのお買い物は、こちら。

買いました。

左下から時計回りにIona Woolの生成りのDK、Shear Wensleydale WoolLaura's LoomのBluefaced Leicester、Baulsworth FlockのNorth Ronaldsays、Midwinter YarnのLithuanian Linen。一部衝動買いもあるのだけど、何を編むか念頭に置いてのものなのでとりあえず良しとします。

** 糸のダイエット **

今まで:4,805g増

(+) Woolfestで爆買い:900g

トータル:5,705g増

あー、まずい。そして今回ペンディングにして、後日購入予定の糸もあるのよねぇ…。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://happybunny09.jugem.jp/trackback/605
TRACKBACK
SEARCH