欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 道具たち | main | 仕上げ祭り Part 2 >>
仕上げ祭りPart 1
週末には、ようやくいろいろ仕上げました。まずストール。

模様

Mari Muinonenさんデザインの"Haruha Scarf"を、Cornelia Hamilton YarnsのHeaven's Hand Shamanというハンドスパンのシルクの糸で。

ピンクのストール

衝動買いした糸だったので、何を編むか決めるのに時間がかかりました。このデザインを編むのは3度目なので、スムーズに進むと思ったのだけど、思った以上に糸に結び目が出てきたり、いつも以上に糸が指にひっかかったり(手荒れしがちなのは事実なのだけど…)で難航し、けっこうな期間放置されてしまいました。
水通ししてブロッキングしたらパリッとした感じに出来上がり、色的にもテクスチャー的にも、これからの時期というよりは春から初夏のストールという感じですが、とにかく完成できてよかった!

フィンランドの手染め糸で編んだ帽子

この前編んでいた帽子も、すんなり完成です。Tiina Kuuさんデザインの"Lupaus"。ずいぶん前から編みたいと思っていたものなので、やっと実現できて嬉しいです。糸はフィンランドで買ったセコイアの染料で染められた手染め糸なのですが、どこかフワッとした手触りもあり、編むのが楽しい糸でした。

最後は、こちら。

Aamu

編むの自体はずいぶん前に終わっていたのに、糸始末をなかなかする気にならず、完成がここまで遅れておりました。とにかく、シーズンに間に合ってよかったー!

Aamuのヨーク部分

糸はメインがTJFrog WoolのShorelines & Strata 4plyという、Poll Dorset種とHebridean種をミックスさせたもの。とても弾力がある糸です。編み込み部分に使ったのは、濃い黄色と濃いピンク(または薄いワインレッド)がTukuwoolのfingering、白がNatural KnitsのRomney 4ply、そして薄い方のピンクがWhistlebareのCheviot Marsh 4plyです。

Aamuの裾
(全体像だと見づらいけど、裾の一番下も黄色いのだ。)


** 糸のダイエット **

今まで:5,644g増

(-) "Haruha Scarf" 使用分:50g
(-) "Lupaus" 使用分:62g
(-) "Aamu" 使用分:350g

トータル:5,182g増
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://happybunny09.jugem.jp/trackback/621
TRACKBACK
SEARCH