欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仕上げ祭りPart 1 | main | 今年もあっという間に12月 >>
仕上げ祭り Part 2
あれー、もっと早くに仕上げ祭りの続きを書こうと思ったのに、10日も経ってしまったー。

そんな訳で、前回掲載分の他に、今年の前半に編み上がっていながら糸始末等をしていなかったものも、一気に仕上げておりました。

Argyle Beret Navy

"Mini-Argyle Beret"をスウェーデン産と思われる白い糸と、WoolcraftのSuperwash Sockで。その後、グラデーション系のソックヤーンの残りを使い、さらに同じ帽子を2つ制作。

Argyle Beret Blue

Susan CrawfordのExcelana 4ply Wool(白)と、フィンランドのソックヤーンの残りで。

Argyle Beret Purple

こちらはスウェーデン産らしき白い糸と、Viking of Norwayのソックヤーンの残り。一つ手元に残して、残りはチャリティに出すなり人にあげるなりしようかなーと思いつつ、まだ行き先は決めていません。

もうひとつ仕上げたのは、ミトン。

魚ミトン(甲側)

Marit Trudvangさんデザインの"Fishbone Mittens"です。糸は毎度のスウェーデン産らしき糸と、Rowan Scottish Tweed 4plyの23番。

魚ミトン

編んでいる時はとっても楽しかった! けれど、糸始末の時に、黒い糸がこんなにやりにくいとは思いませんでした…。

ともあれ、仕上げ待ち物件を片付けたので、ついでに編みかけ物件も少し減らそうと思い、久々にソックスを編んでいます。

Zealanaの糸でソックス

1月にお出かけした時のお伴物件だったのだけど、その後放置されていたもの。糸はZealanaのCoziというソックヤーンで、ウールの他にアルパカとポッサムも入っています。暖かそうだし、今月末に久々にスウェーデンに出かけるので、それに間に合わせられるといいな。

** 糸のダイエット **

今まで:5,182g増

(-) Woolcraftの糸のMini-Argyle Beret使用分:51g
(-) フィンランドのソックヤーンでのMini-Argyle Beret使用分:52g
(-) VikingのソックヤーンでのMini-Argyle Beret使用分:49g
(-) 魚ミトン使用分:50g

トータル:4,980g増
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://happybunny09.jugem.jp/trackback/622
TRACKBACK
SEARCH