欧州にて、下手ながら、そして季節感無く何か編んでます。
純毛100% Love。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Willow Tweedで"Saroyan"
この週末は、完成一歩手前で足踏み状態の物たちのブロッキング作業にいそしんでいます。

Willow TweedでSaroyan


Louisa HardingのWillow Tweedで編んだ"Saroyan"。友達から買い受けた糸なので129gというハンパな量でしたが、"Saroyan"の編み図には両端の部分と真ん中の部分の比率が出ているので、それを参照して両端は8リピートずつ、真ん中は10リピートしています。

前のエントリーに書いたソックスは、その気になったらけっこうスルッと編み終わり、ただいまブロッキング中。そして、地元ニッターの『1年で12足編むKAL』に遅ればせながら参加することにしました。
もともとKALにはあまり参加しないのですが、4月まで仕事のシフトのせいでKnit Nightに全然顔を出せないし、せっかく声をかけてもらったし…。

ということで、第一弾に着手。

ソックスKALに参戦決意


3年ぐらい前にカウルを編んだ残りの糸が60gぐらいあるので、短いソックスを編んでみます。

** 糸のダイエット **

今まで:4,670g増

(-) Saroyan使用分:124g

トータル:4,546g増
やらかしています
常々、ブログはもっとマメに更新しようと思いつつ全く実行できていないのですが、今回は早めに…。

1月から地元のニッターのFacebookのグループで、『1年に12足ソックスを編もうKAL』が始まっています。私は参加するか未だに決心がつかないのだけど…(ソックヤーンはそれだけ編める量あるのだけど…)。今年1月1日以降にCOしたものという規定があるので、それより前から編んでいるソックスを片付けることにしました。

ソックス編んでます


これは12月の帰省時にモバイル用に編み始めたもので、乗り継ぎ空港や日本での長距離移動で編みまくり、実家でも編んで片方完成。もう片方も編み始めたものの、当地に戻ってから完全に放置されていたのです。
こういうタイプの糸には、シンプルな模様の方が合うと思うので、"Vanilla Latte Socks"風の模様で。

そして遂に糸欲しい病の発作に負けて、某所で放出されていた物を捕獲してしまいました。

ヴィンテージな糸


Annabel Fox社のAran。こういう色合いのマットなアラン糸を探していたので、即断。

Falconの糸

こちらはFalconのDKです。Annabel Fox同様、もう存在しない会社の糸なんだけど、こういう昔の糸を編むのが好きでねぇ…。おそらく自分の物ではなくボランティア・ニット系の何かを編むと思いますが、『古い糸を編む楽しみ』を堪能したいと思います。

そんな感じで、『伝統的なタイプの糸』が大好きな私。気になる会社があったので、サンプルカードを送ってもらいました。

サンプルカード


何を編もうか考え中です(要するに買う気になった)。

** 糸のダイエット **

今まで:4,320g増

(+) Annabel FoxのAran: 100g
(+) Falcon DK5玉:250g

トータル:4,670g増
帽子完成
この時期の当地ではよくあることではありますが、ずっと天候がイマイチで撮れなかった写真をようやく撮ることができました。

間に合いました


私の趣味の一つはラグビー(TV)観戦なので、2月4日のラグビーのSix Nations開幕に滑り込みで間に合った帽子。ふとした出来心で「ラグビー応援用帽子のパターンなんてあるのかな?」と思って探してみたら、あった! いかにもアイルランドな緑の糸もあるし、これは編むしかないでしょう(もう15年ぐらい応援しているんですよ…)。

パターンはそのものズバリな"Ireland Rugby Hat"。糸はTivoliのNew Killowen(緑)とCushendaleのDK(白)、そしてCornish OrganicのDK(青)。

もう一つ編んでいた帽子・"Bundoran"も完成しました。

Bundoran


糸はホビーラ・ホビーレのアンゴラ・ツイード。偶然帽子のてっぺんにツイードのネップの部分が来てしまい、期せずしてちょっととんがった感じになってしまいましたが、まあいいや。

後ろ姿


そして元々編んでいたレースヤーンのショールに戻るかと思いきや、相変わらず気が散っています。だってこのパターン、するっと編めるのがわかっているんだもの。

Jitterbugでショールもう一つ


さて、私はいつになったらレースヤーンに戻るのでしょうか?

** 糸のダイエット **

今まで:4,432g増

(-) ラグビーな帽子使用分:46g
(-) Bundoran使用分:66g

トータル:4,320g増
気が散った
レースヤーンのショールって、きれいだけど進みは鈍いのですよね。そうなると、気が散り易い私。

Willow TweedでSaroyan


案の定、他の物に手を出していました。しかも複数。
まずこちらはLouisa HardingのWillow Tweedでの"Saroyan"。この糸は友達から衝動的に買い受けてしまい、その後何を編もうかかなり悩んだもの。ある日Ravelryをウロウロしていて、これを編んだらいいのではないか?! と閃き、そのまま早速編み始めてしまいました。編む方はもう終わっていて、あとは仕上げ待ち。

ラグビー応援帽子製作中


次に手をつけたのがこの帽子。今年のラグビーのSix Nationsが2月4日に開幕したのですが、それに間に合うように爆編み。

Bundoran製作中


勢い止まらず、そのまま手をつけたのがこちら。Carol Fellerさんデザインの"Bundoran"を、ホビーラ・ホビーレのアンゴラ・ツイードで。

こちらも編む方は終わったので、ぼちぼちレースヤーンのショールに戻らなくてはと思うものの、最近『糸買いたい病』が再発してきているので『スルッと編めるもの』を編み続けたい気もするし、なかなか難しいところです。
完成1号
帰省終了して、欧州に戻ってきました。
今回の帰省中は、編んでいた物はいくつかあるんだけど、結局一つしか完成しなかったなー。

手袋できた


それが、これ。
Norah Gaughanさんデザインの"Fluorite"。糸はDale GarnのRoyal Alpakkaです。
実はこれ、3年前に別な糸で編み始めたのですが、『手』の部分を編んでいるうちに『何か違う感』に襲われてしまったのです。一番の問題は自分の手に対して大きすぎるのでは?という印象。結局もうちょっとだけ細い糸で編みたいと思い、頓挫してしまいました。

これを編む為の糸は、その翌年のノルウェー旅行中に購入したのですが、なかなか編む気にならず…。そんな訳で、今回ようやく編むことができてよかった。

元デザインからは一点変更していて、全体の長さをちょっとだけ長くしてみました。ボタンは新宿のオカダヤで購入。

編むのがはかどらなかった今回の帰省ですが、今年になって編み始め、現在メインで編んでいるのがこちらです。

遂に編み始めたPavonis


デザインは何年も前から編みたかった"Pavonis"。一度fingeringの糸で編み始めたことがあるのですが、「レースヤーンの方がよかったんじゃね?」と、得意の『何か違う感』が発動。今回、仕切り直しとなりました。

** 糸のダイエット **

今まで:4,494g増

(-) 手袋使用分:62g

トータル:4,432g増
2017年
12月後半から日本に帰省しているのですが、2016年はあっという間に終わってしまいました。

初詣
今年も初詣は新宿の花園神社で…。


2016年の年の瀬に編んでいたのは、これ。

年末はこれを編みつつ


編む方はなんとか年内に終わったのですが、仕上げが越年。

そして、年内最後のお買い物が、これでした。

2016年最後に買った糸


ホビーラ・ホビーレのアンゴラ・ツイード。色の可愛さにヤられました。帽子を編もうかと思い、50g x 2玉購入。

そんな訳で、2016年最後の糸の量は、2010年にカウントを始めてから4,394g増となりました。相変わらず在庫糸が多いなぁと自分で呆れますが、2014年1月が5,407g増、2015年1月が5,806g増、去年の1月は6,184g増と、ここ数年増加の一途をたどっていたので、少し減らせてほっとしています。今の在庫糸には、編む物の予定はあるのに手をつけていない物がいろいろとあるので、今年はそういう物を編む年にできるといいな。

とか言いながら、さらなるお買い物も行なわれています (^^;)。

買い初め

Opalの梅村マルティナ気仙沼FSアトリエとのコラボの糸。1年前の帰省の時から気になっていたのですが、今回はとうとう買ってしまいました。

** 糸のダイエット **

今まで:4,294g増

(+) アンゴラ・ツイード2玉:100g
(+) Opal KFSの糸:100g

トータル:4,494g増
仕上げ祭り・3
今週から首都圏某所の実家に帰省中なのですが、ようやく時間がとれたので、帰省前に仕上げた物たちをアップ。

まずは、"Maluka"。

Maluka


これを編もうと思ったのは、何年も前のこと。一つの糸で編むのではなく、エジング部分と中の部分の色を変えようと思い、早々に中の部分はFivemoonsのLuna Twist 4plyにすることに決定。エジング部分の糸を決めるのに時間がかかりましたが、こちらも今年ようやくSkein Queenの糸を調達したのでした。

後ろから


楽しく編めたし、出来上がりには満足しています。唯一の誤算は、中の部分が思ったより糸がいらなかった点。

次の出来上がり物件は、"Leftie"。

Leftie


実は編むのはけっこう前に終わっていて、どっさりある糸始末で遅れていたのですが、ふと思い立ったらけっこうすんなり糸始末が終わったよー。
メインの生成り色の糸はOpalのもの。これにマンセル、ホビーラ・ホビーレ、ハマナカ、ピエロ、Lang、Brownsheepなどの余り糸をあわせてみました。

最後は帰省直前に編んでいたこれ。

前


糸は今年のEdinburgh Yarn Festivalで買ったBilumのSlikaで、デザインはBoo Knitsさんの"Love in a Mist"。

Love in a Mist


全体にグラデーションがかかった糸なので、シンプルなデザインを選んでみました。

** 糸のダイエット **

今まで:4,588g増

(-) "Maluka"使用分:87g

(-) "Leftie"使用分:123g
(-) "Love in a Mist"使用分:84g

トータル:4,294g増
SEARCH